今回はアウトレットでビジネス用の洋服がそろう福袋、クリケットの福袋について書いてみます。

 

スポンサードリンク

 

僕は以前クリケットの福袋を何度か購入したことがあります。

その中身の写真が残っていたので、まずその中身について公開します。

それをもとに、福袋の中身や用意した数、そして入手するには何時に並ぶべきか?などについて考えてみたいと思います。

興味のある方は暇なときにでも読んでみてください。

 

【2017年1月1日午前8時55分頃】
IMG_0804.JPG
 
 
 
 

【2016年のクリケットの福袋の中身】
 

IMG_3258.JPG

 

2016年のクリケットの福袋の中身は全部で6点

税込合計で68,364円になりました。
 

①アウター(ネイビー)             20,520円
②マフラー(黄色と黒)             12,960円
③ネクタイ(茶色)               9,180円
④ネクタイ(ネイビー)             12,960円
⑤Yシャツ(白)                         6,372円
⑥Yシャツ(白にストライプ)      6,372円

 

①アウター(ネイビー)   20,520円
16-2-3.jpg

 

②マフラー(黄色と黒)   12,960円
16-2-1.jpg

 

③ネクタイ(茶色)  9,180円   (ネイビー)  12,960円
16-2-2.jpg

 

⑤Yシャツ(白)   6,372円
16-2-5.jpg

 

⑥Yシャツ(白にストライプ)   6,372円
16-2-4.jpg

 

【2014年のクリケットの福袋の中身】
 

2014年のクリケットの福袋の中身は全部で7点

税込合計(当時の消費税率は5%)で53,025円になりました。
 

①コート(黒)            18,900円
②セーター(グレー)           6,825円
③マフラー(白、グレー、茶)     6,090円
④ネクタイ(臙脂)            6,930円
⑤ネクタイ(ゴールド)          3,990円
⑥Yシャツ(白)            5,145円
⑦Yシャツ(ピンク)            5,145円

 

①コート(黒)   18,900円
14-1-1.jpg

 

②セーター(グレー)   6,825円
14-1-7.jpg

 

③マフラー(白、グレー、茶)   6,090円
14-1-2.jpg

 

④ネクタイ(臙脂)   6,930円
14-1-5.jpg

 

⑤ネクタイ(ゴールド)   3,990円
14-1-6.jpg

 

⑥Yシャツ(白)   5,145円
14-1-3.jpg

 

⑦Yシャツ(ピンク)   5,145円
14-1-4.jpg
 

【クリケットの福袋の特徴】
 

クリケットでは毎年1万円のM、L、LLの3種類のサイズの福袋を合計で100個ほど用意しているようです。

そしてその内容も合計総額も大きく変動がないのが特徴のようです。

まず内容については、
  • ネクタイ2本
  • ワイシャツ2枚
  • マフラー1枚
  • アウターコート1着

これが毎年定番のようです。

2017年もこの内容でした。

また、年によってこれにもう1品加わることもあるようです。

2014年はこれにセーターが加わりました。
 

値段についても毎年1万円の福袋で総額も5万円台から7万円程度で安定しているようです。
 

福袋の合計数についても毎年100個前後で安定しているようですが、2017年は50個しか用意してませんでした。

2014年からの福袋の数

                    個数             価格
2014年      100個             1万円
2015年      120個             1万円
2016年      100個             1万円
2017年        50個             1万円
M、L、LLの3種類の合計(男性用のみ)の個数です。
 
 

クリケットの福袋は白の無地のワイシャツを必ず1枚入れてくれているようです。

 

アウターやマフラーがいらなければ、新品のままヤフオクで売ってしまうのも1つの手だと思います。

上手くさばけば、実質負担がさらに半額から3分の1程度にすることもできます。

 

 

【福袋を手に入れるには何時に並べばいい?】
 

クリケットでは整理券は配りません。

1度並び始めたら開店の9時まで並び続ける必要があります。
 

毎年確かに行列ができていますが、100人を超える行列になることはないようです。
 
多くても4 、50人くらいといったところでしょうか。
 

2016年は他の福袋に並んだ後、9時15分ごろにクリケットに行って福袋をゲットできました。

ただ残りの福袋は少なかったようです。

ただ確実に手に入れるためには、8時半までに並んでおくべきだと思います。

 


【まとめ】

 

  • クリケットの福袋は毎年1万円が100個ほど
  • 福袋の中身も総額も毎年ほぼ一定。5万円台から7万円程度。
  • 8時半なら安全。
  • 元旦の午後まで残る事はなさそう。

 

 

 
にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

 

スポンサードリンク