アウトレットモールでは様々な種類の福袋が販売されますが、 ビジネスで使える福袋に限定すると、実はかなり限られてしまいます。
 
今回は、男性が「ビジネスの場」で使えるアウトレットのオススメ福袋をご紹介します。
 
管理人のおすすめはスコッチグレインとクリケット、セイコーの3つ。
 
クリケット ネクタイ、ワイシャツ、マフラーなど
スコッチグレイン ビジネスシューズ
セイコー 腕時計
 
 
バッグや財布としてコーチも考えられますが、高額な上にビジネス用である保証がありません。
 
その上、使用しない革小物類も入っている可能性が高いので、オススメからは外しました。
 
 
このページの内容は「御殿場アウトレット」において管理人が調べたものになりますが、あくまで速報ですので、興味のある方は事前にお店に問い合わせてみることをオススメします。
 
スポンサードリンク

 

 

スコッチグレイン

 
スコッチグレインは、高品質と低価格に定評のある日本のシューズメーカーです。
 
しばらく福袋を中断していましたが、昨年から復活しました。
 
3万円で中身はシューズが2足です。
 
2019年の御殿場店では、3万円を500個用意。
 
メンズのみで、サイズは23.5~27まで。
 
 
昨年は黒のストレートチップが1足と、 もう1足は何が入っているかわからない(一応ビジネスシューズ)といった内容でした。
 
つまりビジネス用が2足でした。
 
しかし今年の福袋の中身は、店員さんによると、ビジネス用とカジュアル用の組み合わせになるとのことです(黒のストレートチップが入る保証もないようです)。
 
中身の総額は36,000円~76,000円ほどになるとおっしゃっていました。
 
整理券の配布は8時頃からを予定しているそうです。
 
 
 
スコッチグレインはコスパの高い革靴メーカーとして有名です。
 
全ての靴がグッドイヤー製法(修理可能な縫い靴の製法)で作られており、 きちんと手入れをすれば何年も履き続けることも可能と言われています。
 
それが約1足分の値段で2足購入できることになりますので、 かなりお買い得です。
 
靴の福袋自体が珍しいです。
 
2019年はビジネス用とカジュアル用になるそうですが、なかなか購入できる機会はありません。
 
試してみてはいかがでしょうか。
 
 
昨年のスコッチグレインの福袋の中身の情報があります。
 
 

クリケット

 
ネクタイ、ワイシャツ、マフラー、などのビジネス用の服や小物が入った福袋になります。
 
ワイシャツやネクタイなどの福袋自体は珍しくはありませんが、 アウトレットでは少ないようです。
 
特にクリケットは、ネクタイの品質とコスパに定評のある会社です。
 
ちょっといいネクタイとワイシャツを、確実に手に入れられる福袋としておすすめです。
 
 
もう一つ、クリケットの福袋がおすすめな理由が、 とってもお買い得なところ。
 
過去の実績によると、1万円の福袋で中身はだいたい4~7万円程。
 
昨年は5千円の福袋でしたが、 中身を計算してみると約5万円近くにもなりました。
 
2018年のクリケットの福袋(5千円)の中身をご紹介します。
 
ワイシャツ(白) 5,900円
ワイシャツ(白と紫のストライプ)  5,900円
ネクタイ(左) 9,000円
ネクタイ(右の2つ) 各4,800円
マフラー(グレー) 9,000円
マフラー(紫) 値札がないので仮に5,000円とします。
合計 44,400円(税込 49,284円)
昨年は相当太っ腹な福袋でした。
 
 
 
アウトレットの発表によると、2019年の福袋はすべて5千円で、御殿場店では次の通り用意するそうです。
 
S サイズ19個
Mサイズ30個
L サイズ21個
LL サイズ5個
 
中身は ネクタイ1点、 シャツ2点、 マフラー1点、他1点だそうです。
 
店員さんによると、2019年は総額で約25,000円相当になるとのことです。
 
 
 
使用頻度も高く、ハズレのない福袋としておすすめです。
 
整理券を配らないため、 並び始めると9時のオープンまで動けなくなります。
 
年によっては開店直後に売り切れることもあるようなので、確実に手に入れるためには8時半頃までには並んでおきたいところです。
 
スポンサードリンク
 

セイコー

 
アウトレットには時計の福袋も存在しますが、 ビジネスとなると色々制約もついてきます。
 
G-shockやスウォッチをお堅い職場に持っていくのはちょっとまずいですし、そもそも仕事でつける時計を運任せにはなかなかできませんよね。
 
そこでおすすめなのがセイコーの福袋です。
 
セイコーの福袋は時計が一つだけで、完全に中身が分かった上で買えるタイプです。
 
つまり元旦の朝早くに並べば、 店側が用意した自分の欲しい時手を、ピンポイントで購入できるシステムです。
 
 
…これの一体どこが福袋なんだ?
 
と思われるかもしれませんが、 細かいことを気にするのはこの際やめておきましょう。
 
 
 
アウトレットの発表によると、2019年の御殿場店では21,600円から97,200円の福袋を用意するようです。
 
メンズ
27,000円20個
64,800円10個
97,200円10個
レディース
21,600円10個
38,880円15個
 
店員さんに聞いてみましたが、具体的な中身については一切教えてもらえませんでした。
 
例年によると当日の早朝、店頭においてこのような紙が張り出され、売り切れたものから消されていきます。
2018年の福袋の中身
 
時計にもよりますが、 過去の実績によると、 概ね正規価格の半額程度で買える計算になるようです。
 
ビジネス向けの時計も販売されているようです。
 
状況にもよるようですが、整理券の配布は8時頃(前倒しの可能性あり)からを予定しているそうです。
 
 
昨年の元旦は、1万円の福袋のみ売り切れて、その他は売れ残ったようです。
 
2018年の福袋のもう少し詳しい情報があります。
 
 

コーチ

 
ニューヨーク創業の高級皮革製品メーカーで、勢いのある世界的な優良企業です。
 
御殿場店では例年通りの5万円と8万円の福袋の他、今年は3万円の福袋も用意するそうです。
 
用意する数は不明とのことでしたが、極端に少なくなることはないようです。
 
店員さんによると、中身はバッグや財布などの革小物類で、総額は次のようになるそうです。
 
3万円で約20万円相当
5万円で約27万円相当
8万円で約40万円相当
 
 
 
整理券を配るタイプではないので、 一度並び始めると9時の開店まで動けなくなります。
 
近年は福袋の列に並ぶと、店員さんが中身をチラシで概ね教えてくれることがあるようです。
 
それによると昨年の中身はこのようになっていました。
2018年の福袋
 
これを見る限り、 5万円の福袋の中にはビジネス用のバッグもあるようですが、 確実に手に入る保証はありません。
 
ビジネス向けの福袋とは言えないかもしれません。
 
 
 
またここ数年の福袋の中身は、 アウトレット専用商品、 あるいは福袋用に作られた商品ばかりのようです。
 
アウトレット専用商品は、質を落として生産した製品に、類似のブティック製品と同水準の価格を設定し、 アウトレットで常に50~65%引きで販売している商品です(つまり表示価格で販売されることがない商品)。
 
額面通りお得な買い物ではないことも、頭の片隅に置いておきましょう。
 
昨年は初日に福袋が売れ残ったようです。
 
スポンサードリンク

 

 
スポンサードリンク