前回はアルマーニ、コーチ、ポールスミスの福袋を開封して新品のまま別々にヤフオクで売却した場合、

 

いくらで売れるのか?

 

利益が出るのか?

 

についての総まとめを行いました。

 

その詳しい様子はこちら

 

 
スポンサードリンク

 

 
今回はこれらの福袋を仮に開封せずにそのままヤフオクで転売した場合、

 

いくらで売れるのか

 

利益が出るのか?

 

について分析してみたいと思います。

 

くだらない分析ですけど、興味のある方は暇なときにでも読んでみてください^^
 
900a25df-s.jpg
 

アウトレットハイブランド福袋の現状

 
まず福袋の価格というのは毎年決まっている保証はどこにもありませんが、アルマーニ、コーチ、ポールスミス、この3つについては、ここ数年概ね同じ値段の福袋を販売しているようです。

 

アルマーニは3万円、5万円、10万円の3種類の福袋

 

コーチは5万円、8万円の2種類の福袋

 

ポールスミスは3万円の福袋のみ

 

今回はこれらの福袋を比較分析して、どの福袋を転売すると儲けが多いのかを調べてみたいと思います。

 

なお、アルマーニ5万円福袋は表のキャパシティと重要性の問題から削除しました。
 
 
断っておきますが、僕は未開封の転売をやっているわけでも、おすすめしているわけでもありません。
 
 
 
2017年、アルマーニの10万円福袋は御殿場アウトレットでは3番目に高額な福袋
コーチの8万円は7番目
ポールスミスの3万円は10番目に高額な福袋になります
最高額は200万円です…
 
 

3つのブランドの福袋のヤフオクでの転売実績を調べてみた!

 
実はヤフオクには過去4ヶ月分、どんなものがいくらで売れたのかを調べることができるシステムがあります。
 
今年の3月にそのシステムを使ってこれらの福袋が未開封のままどれだけ出品されていくらで落札されたのかを調べてみました。

 

結果はこんな感じになりました。
 
     表1 未開封福袋の売却件数と平均落札価格    (単位:円)
 
アルマーニ3万
アルマーニ10万
コーチ5万
コーチ8万
ポールスミス3万
ヤフオク売却件数(単位:件)
15件
38
4
2
32
最低落札価格
1
1
49,000
80,000
100
最高落札価格
45,000
238,000
60,000
81,500
45,000
平均落札価格
36,916
144,660
55,250
80,750
38,441
※アルマーニ3万のうち3件が1円落札、10万のうち10件が1円落札、ポール3万のうち1件が100円落札。まともな取引とは思えないのでこれらを除いて平均落札価格を出してます。

 

 

次にこの平均落札価格を売上高として計算した場合、各福袋でどれだけ利益が出るのかを見てみます。

 

表2 未開封福袋の平均落札価格と利益率      (単位:円)
 
アルマーニ3万
アルマーニ10万
コーチ5万
コーチ8万
ポールスミス3万
売上高
36,916
144,660
55,250
 80,750
38,441
売上原価
32,400
108,000
54,000
86,400
32,400
売上高総利益
4,516
36,660
1,250
ー5,650
6,041
販売管理費
3,190
12,498
4,774
6,977
3,321
営業利益
1,326
24,162
ー3,524
ー12,627
2,720
売上高営業利益率
4%
17%
-6%
-16%
7%
利益率の順位
3
1
4
5
2
※売上高はヤフオクでの平均落札価格としてます。
※販売管理費はヤフオク利用料のみを考慮してます。
ヤフオク利用料=売上高×8.64%
梱包費用、購入のための交通費などは個人によって大きく変動するので無視しました。
※売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100
この数字が大きいほど儲けの割合が大きいことになります。
※アルマーニ5万の売却件数は20件、平均売却価格は62,778円、営業利益は3,354円、利益率は5%。3万とほぼ同じ結果と思っていいです。

 

大前提としてこれらの営業利益にはヤフオク利用料以外の交通費などの諸経費は含まれてません。
 
個人差はありますが、ここからさらにマイナスになると思ってください。

 

かろうじてプラスのアルマーニ3万とポールスミス3万も、利益なしかマイナスと考えてもいいかもしれません。

 

コーチ8万と5万は論外。やらないほうがまし。実際、やってる人もほとんどいない。

 

唯一手固く利益になりそうなのがアルマーニの10万。

 

ただし、アルマーニ10万は速攻で売り切れます。

 

元旦に並んで購入するのであれば、寒い中相当早くから並ぶ必要があると思ってください。

 

おまけに店員やほかの客から「この転売屋め!」という冷徹な視線を浴びせられることを覚悟しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

福袋の経済学、効率的市場理論!福袋の転売では儲けることができないの?

僕はこの結果を見て昔経済学で習った効率的市場理論というものを思い出しました。

 

効率的市場理論というのは、株式市場などにおいて株価は新しい情報に対して非常に素早く反応するため、既に出回った情報に基づいて行動しても利益は出ない、といったような内容の理論です。

 

つまりいくら頑張って朝早くから並んでも、あらかじめ販売される情報が出回っている福袋の転売では利益はあげられない、このように言い換えることができると思います。

 

あくまで1つの理論であって、本当にそうなると言っているわけでは無いですよ。
 
この理論に基づいて言えば、

 

福袋の転売ビジネスの市場はまあまあ効率的。

 

簡単には稼がせてくれない。

 

でもやり方によっては全く稼げないわけでもない。

 

こんな感じでしょうか。

 

 

特に今回はヤフオクでの売却価格の平均値を売上高として計算してますが、僕の感想としてはプロモーション(販売戦略)を工夫すればこの平均値よりも少しは高い価格で売ることは可能なのかなとも感じています。

 

間違っても1円スタートで販売するようなことはやめましょうね。

 

 
アルマーニ10万円の38件の内、10件が1円落札ですからね。

 

 
取り返しのつかない大事故になりますよ。

 

 

ただこれは購入する側から見れば、1円落札のチャンス?かも。

 

取引が成立するかどうかはわかりませんが…。
 
 
それから繰り返しになりますが、決して転売ビジネスを勧めているわけではありませんので誤解しないでください。
 
あくまで転売は儲かるのかについて調べているだけです。
 
33900cff-s.jpg

 

アルマーニの10万円福袋が高く売れるが、ヤフオク利用料も高い!

いかがでしたでしょうか。

 

今回調べたブランドの福袋の転売で手堅く利益が出そうなのはアルマーニの10万円のみ。

 

しかし入手の難易度はかなり高い。

 

その他は利益ゼロか赤字のリスクあり。
 
転売は購入価格さえ超えればいいと考えておられる方も少なくないかもしれませんが、そこにはしっかりと様々な諸経費がかかってます。

 

特に大きいのが8.64%のヤフオク利用料。

 

購入価格を大きく超える価格で販売できない限りまとまった利益にはなりません。

 

転売を勧めているわけではありませんが、転売をする場合はその辺をしっかり心得ましょう。
 
 
 

福袋を開封して販売した場合との比較

 
最後に開封して別々に販売した場合との比較を少し書いてみます。

 

実際にこれらの福袋の中身を別々に全て売却して比較した様子がこちら。恐ろしく時間かかりました…見てみる?

 

結果だけ見るとすべてのブランドにおいて別々に販売した方が利益は若干大きくなるという結果になりました。

 

売上高営業利益率で言うと、別々に販売した方が10%から25%高くなってます。

 

ただし、どのように販売するかによっても利益は大きく変動します。

 

そして作業が恐ろしく大変になると思ってください。

 

単純に販売する量が数倍から10倍ほどになります。

 

それぞれの商品について写真を撮り、情報をパソコンに打ち込み、梱包発送という作業が発生します…そのうえ高く販売するにはそれぞれの商品においてリサーチをする必要があります。

 

お勧めはしません。
 
 
やはり福袋は自分で開封して中身を使って楽しみたいものですね。
 
 
 
それでは。
 

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク