G-shockの時計福袋の中身を全部再現してみた!!2020年カシオ20万円福袋の徹底調査!

アウトレットには多くの時計メーカーが出展していますが、 中には元旦に福袋を販売する店もあります。

御殿場アウトレットにおいて、2020年に時計の福袋を販売したメーカーは、 確認できた範囲では、g-shock、セイコー、カルバンクライン、フォリフォリの4社のみでした。

中でも g-shock は、「20万円」という、時計としては非常に高額な福袋を販売しています。

このカシオg-shock の2020年の福袋の中身について調べてみました

スポンサードリンク

 

アウトレットの時計福袋の現状

G-shock の福袋の中身の前に、 アウトレットでの時計福袋の現状について、少しお話しします。(ここは興味のない方は飛ばしていただいてかまいません)

まず、アウトレットにおいて、時計の福袋が販売されるには、いくつかの条件があるようです。
①時計に強みのある会社であること
②ハイブランドではないこと
③在庫が余っている…など…

アウトレットに出展しているプラダ、ブルガリ、グッチなどでも時計は販売していますが、 これらの高級ブランドはそもそも福袋を販売しません。

正規価格を割引いてまで販売する行為は、 消費者の内的参照価格(記憶の中の価格水準)を低下させるため、正規価格での販売が困難になり、 少なからずブランドイメージの低下につながります。

確かに安く購入できるチャンスがあるのであれば、正規価格で購入することが馬鹿らしくなってしまいますよね…

高級ブランドはこれを嫌っており、 福袋の販売はもちろん、アウトレットへの出店自体にも消極的です。

なのでエルメス、ルイヴィトンのような最高級ブランドは、そもそもアウトレットには出店しません

一方、やや安価な商品を販売する、コーチ、ポールスミス、アルマーニなどでは福袋を販売することがあります

ブランドイメージを多少損なってでも新規顧客層を広げたい、というのがメーカー側の主な狙いになると思われます。

しかし、腕時計が福袋に入ったという話は聞いたことがありません(時計の販売は行っています)。

これらの会社はアパレルが中心であって、 時計に強みのある会社ではありません。

この他にも、多くのアパレルメーカーが、オリジナルの時計を販売していますが、時計が福袋に入ったという話は聞いたことがありません。

 

また、アウトレットには、 スイスの高級腕時計メーカーとして知られる、ロンジンタグホイヤーなどが出店していますが、福袋を販売した実績はありません

高級時計で有名なロレックスオメガは、残念ながらアウトレットには出店していません

時計の最高峰、パティックフィリップ、ブレゲ、ヴァシュロンコンスタンタンの看板を、アウトレットで見かける日は、永遠に来ないと思っていいと思います。

… 見てみたいですけどね…f(^^;

 

2020年は、 g-shock220000円(1個だけ)、セイコー137500円の福袋を販売しました。

この辺りがアウトレットで購入できる時計福袋の最高額と考えて良さそうです。

 

G-shock の福袋の特徴

アウトレットで販売されるG-shockの福袋は、 だいたい1万~10万円の価格帯で、 中身は腕時計2本というのが近年の特徴です。(2020年は、限定一個で20万円の福袋が販売されました。)

もう一つのG-shock福袋の特徴が、 中身の総額が、福袋の値段ごとに確定していること。

例えば7万円の福袋であれば、中身の総額が154,000円と決まっており、 整理券を配る際に店員さんがそのチラシを見せてくれます。

2020年はこのようなチラシを見せてくれました。

このチラシの内容をまとめてみると次のようになります。 (全て税込価格になります)

福袋価格 正規価格 値引き率
1万円 11,000円 31,350円 約65%引き
3万円 33,000円 64,900円 約49%引き
5万円 55,000円 114,400円 約52%引き
7万円 77,000円 154,000円 50%引き
10万円① 110,000円 238,500円 約54%引き
10万円② 110,000円 279,400円 約61%引き
20万円 220,000円 451,000円 約51%引き
合計 616,000円 1,333,550円 約54%引き

2020年の g-shock の福袋の中身は、 正規価格の約49%~61%引き。 平均すると約54%引き

御殿場店で用意した福袋の数は、20万円が一個だけということ以外はすべて非公開で、教えてもらえませんでした。

ですが店員さんのお話によると、 1万円と3万円の低額福袋の数が多く、 高額福袋ほど数が少なかったそうです。

また、総額が決まっているということは、同一価格の福袋であれば、 色の違いはあっても、製品の組み合わせ自体は同じである可能性が高いと思われます。

さらに、他のアウトレットのG-SHOCKの福袋についても調べてみたところ、内容も総額もほとんど同じだったことが分かりました。

スポンサードリンク

 

G-shock の福袋の中身を再現してみた!

ここでは皆さんの Twitter への投稿などを踏まえて、 福袋の中身を可能な範囲で再現してみたいと思います。

一部推測になりますのでご了承ください。

なお、福袋商品の販売価格の平均を楽天で大雑把に調べてみたところ、カシオが設定した税込正規価格のだいたい70~75%ほどになりました。なのでこのあたりが市場価格になると思われます。

ひとつの目安にしてみてください。

1万円の福袋

1万円の中身は g-shockとbaby-gの電池式モデルで総額は31350円(税抜 28500円)。青いg-shockはG-LIDEのGAX-100MSA-2AJF(税込正規価格20900円)と思われますが。baby-gは同じ商品がみつからなかったので、 似た商品(税込10450円)を組合わせて合計金額(31350円)を合わせてみました。

G-shock GAX-100MSA-2AJF 税込正規価格20900円

この時計はG-SHOCKのスポーツラインG-LIDEになります。サーフィンなどの海のスポーツを想定しており、温度計測機能なども備わっているそうですが、ソーラー充電モデルではなく、電池式。現在は生産終了となっています。G-SHOCKのHPによるとG-LIDEの税込正規価格は14000円~25000円ほど。以下の正規価格(定価)はカシオのHPからの引用です。

Baby-g BGD-560-4JF 税込正規価格10450円

BABY-Gはカシオの中でもG-SHOCKとは別のブランドになります。アクティブな女性のためのレディースウォッチで、かわいさと機能性を備えたタフな実用時計になるそうです。ソーラーモデルではなく電池式なので電池交換が必要になります。価格はほとんどが1万円台で、高いものでも3万円台といったところ。なお、電池式と書いていないものはソーラー充電方式だと思ってください。

 

3万円の福袋

3万円の中身は、g-shock側の発表によるとg-shockとbaby-gのソーラーモデルと電池式モデルで総額は64900円。えんまるさんの投稿によるとg-shockの型番はGMW-B5000G-2JF(税込61600円)と判明していますが、baby-gの型番は不明。baby-gのHPによると正規価格で最も安いものでも税込で9350円しますので、計金額は最低でも税込70950円以上になります。g-shockの言う「総額」というのは「ジャスト」ではなく「1つの目安」程度のものなのかもしれません。ただ、発表金額を上回っているため文句はありませんよね。baby-gは1万円福袋と同じ電池式の物を選びました。福袋の中身をご覧になりたい方はえんまるさんのツイートをクリックしてください。

G-shock GMW-B5000G-2JF 税込正規価格61600円

HPによると、このGMW-B5000シリーズの正規価格は税込みで55000円~75000円ほど。ソーラーモデルなので電池交換は不要になります。メタルベゼル・ケースにヘアラインやミラー仕上げを施しより質感を高め、バンドにソフトウレタンを採用することで高い装着性と軽量化を実現しているそうです。

Baby-g BGD-560-4JF 税込正規価格10450円

同じ時計が見つからなかったので、BABY-Gの電池式の中から形の似たものを選びました。BABY-Gはかわいさと機能性、タフさを兼ね備えたレディースウオッチで、価格は1万円前後から高くても3万円ほど。ソーラーモデルではなく電池式になります。

5万円の福袋

5万円の中身は、g-shock側の発表によるとg-shockのソーラーモデルと電池式モデルで総額は114400円。瑞希さんの投稿の上の黒い時計は、G-STEELのGST-B100X-1AJF(正規価格税込93500円)というモデルではないかと思われます。そして青い時計は、1万円福袋と同じg-shockのG-LIDEのGAX-100MSA-2AJF(税込正規価格20900円)と思われます。合計金額も114400円に一致しました。

G-STEEL GST-B100X-1AJF 正規価格税込93500円

このG-STEEL「GST-B100シリーズ」は、フルアナログ表示によるクロノグラフ(ストップウォッチ機能のこと)、 サファイアガラスとカーボンベゼルによる強さと美しさの追求、 ジェットエンジンをイメージしたディスク針(9時位置)、 などが特徴になるそうです。なお、この商品はソーラー電池モデルですが、電波ソーラー(標準電波受信による自動時刻修正機能)ではなく、 Bluetooth によりスマートフォンに自動接続することにより時刻を修正するタイプになります。 ホームページによるとG-STEEL「GST-B100シリーズ」の 税込正規価格は55000円~95000円程

G-shock GAX-100MSA-2AJF 正規価格20900円

1万円福袋と同じG-LIDEのGAX-100MSA-2AJFになります。ソーラーモデルではなく電池式なので、電池交換が必要です。HPによるとG-LIDEの税込正規価格は14000円~25000円ほど

7万円の福袋

7万円の中身は、g-shock側の発表によるとg-shockの電波ソーラーとソーラーモデルで総額は154000円。この方の投稿によると左側の白い時計はGULFMASTERのGWN-Q1000-7AJF(税込正規価格110000円)。右側の黒い時計はGRAVITYMASTERのGR-B100-1A3JF(税込正規価格44000円)ではないかと思われます。合計金額も154000円と一致します。

GULFMASTER GWN-Q1000-7AJF 税込正規価格110000円

GULFMASTER(ガルフマスター)は、様々な特殊機能を備えることで、「陸、海、空」の過酷な自然環境に対応すること目指した「マスターオブGシリーズ」のうち、海での使用を想定したものになります。下の10万円福袋に入っていたFROGMAN(フロッグマン)が主に「水中(潜水)」での使用を想定したのに対し、このガルフマスターは荒れた「海上」での警備や救助活動を想定して設計されているそうです。そのため水深や気圧の計測に加え、方位や温度まで計測できる機能(「クワッド(4つ)センサー」)まで備わっています。センサーの数によって値段が変わりますが、HPによるとこの「クワッド(4つ)センサー」タイプの税込正規価格は85000円から110000円ほど。この時計はソーラー電波機能(自動時刻修正)タイプになります。

GRAVITYMASTER GR-B100-1A3JF 税込正規価格44000円

グラビティマスターは、「陸、海、空」の過酷な環境に対応することを目的としたマスターオブ G シリーズのうち、「空」に対応するラインになります。 大型の液晶や針、6つボタン構成などにより、パイロットウォッチに求められる視認性や機能性、操作性を重視した設計が特徴のようです。 この商品はソーラー電池モデルですが、電波ソーラー(標準電波受信による自動時刻修正機能)ではなく、 Bluetooth により スマートフォンに自動接続することにより時刻を修正するタイプになります。 HPによるとグラビティマスターの税込正規価格は3万円~11万円程

10万円の福袋①

10万円の中身は、g-shock側の発表によるとg-shockの電波ソーラーとソーラーモデルで総額は236500円。こちらの投稿の左の黒い時計は5万円福袋で紹介したG-STEELのGST-B100X-1AJF(正規価格税込93500円)と同じ商品だと思われます。右の青い時計はマスターオブGシリーズのFROGMAN(海の強者) GWF-D1000NV-2JF(正規価格税込143000円)のようです。正規価格はの合計はg-shockが発表した236500円と一致しました。

G-STEEL GST-B100X-1AJF 正規価格税込93500円

このG-STEEL「GST-B100シリーズ」は、フルアナログ表示によるクロノグラフ(ストップウォッチ機能のこと)、 サファイアガラスとカーボンベゼルによる強さと美しさの追求、 ジェットエンジンをイメージしたディスク針(9時位置)、 などが特徴になるそうです。なお、この商品はソーラー電池モデルですが、電波ソーラー(標準電波受信による自動時刻修正機能)ではなく、 Bluetooth によりスマートフォンに自動接続することにより時刻を修正するタイプになります。 ホームページによるとG-STEEL「GST-B100シリーズ」の税込正規価格は55000円~95000円程

FROGMAN GWF-D1000NV-2JF 正規価格税込143000円

FROGMAN(フロッグマン)は、様々な特殊機能を備えることで、「陸、海、空」の過酷な自然環境に対応すること目指した「マスターオブGシリーズ」のうち、海での使用を想定したものになります。7万円の福袋に入っていたGULFMASTER(ガルフマスター)」は、荒れた「海上」での警備や救助活動を想定したのに対し、FROGMAN(フロッグマン)は主に「水中(潜水)で救難任務などを目的とし、ダイバーズウオッチとしての機能を強化したラインになるそうです。圧力、磁気、温度の3つのセンサー(トリプルセンサー)を持ち、水深、方位、温度を計測することができる機能が備わっています。 なお、この商品は「ソーラー電波時計」になります。電波時計というのは、標準電波を受け取ることで自動的に時刻修正を行う機能を搭載したもの。 そこに、文字盤を透過した光がセルに当たることで発電する機能を搭載したものを「ソーラー電波時計」と呼びます。HPによると正規価格は税込みで143000円になりますが、このGWF-D1000NV-2JFという商品は、現在生産終了となっています。

10万円の福袋②

2018年の福袋

この福袋の投稿が見当たらなかったので、2018年の10万円福袋の投稿を引用します。2018年の内容はOCEANUSとSHEENの2個でどちらも電波ソーラー。総額は税込みで250560円とされており、2020年(279400円)と近い内容だったと思われます。なお、この年の10万円は投稿された方が型番まで特定してくださっています。その型番を元に税込正規価格を計算してみると250800円となり、ほぼ一致します。

OCEANUS Manta OCW-S3400E-7AJF. 税込正規価格203500円
OCEANUSは、カシオの中でもG-SHOCKとは別のブランドになります。「オシアナス」はギリシャ神話の海の神「オケアノス」に由来し、「オシアナスマンタ」は海を優雅に泳ぐ 巨大エイ(マンタ)をイメージしているそうです。スリムとエレガンス、テクノロジーがブランドコンセプトで、上質な仕上げと薄く美しいフォルムが特徴です。こちらの商品はは男性用で、ソーラー電波機能((標準電波受信による自動時刻修正機能)を有しています。HPによると「オシアナスマンタ」の税込正規価格は150,000円から250,000円ほど
SHEEN SHW-1700D-2AJF 税込正規価格47300円
SHEENもカシオの中ではG-SHOCKとは別のブランドになります。心地よさと機能性を備えたエレガントな女性向けのメタルウォッチで、空や太陽を感じさせる上質なデザインが特徴になるそうです。なお、こちらの商品はワールドタイム機能付きの電波ソーラーモデル(標準電波受信による自動時刻修正機能)になります。HPによるとSHEENの電波ソーラーモデルの正規価格は、税込みで40,000円~55,000円ほど

2020年推測

2018年の商品を参考に、総額が279,400円になるように商品を選んでみました。

OCEANUS OCW-S3400B-1AJF 税込正規価格231000円
こちらの時計はOCEANUSのOCW-S3400B-1AJFで税込正規価格231000円(税抜210000円)。この商品が実際に福袋に入っていたという情報があったわけではありません。合計金額が279,400円になるようにOCEANUSのHPから選んでみました。現在は生産終了になってます。
SHEEN SHB-200AD-4AJF 税込正規価格48400円
こちらはSHEENのレディースの時計になりますが、合計金額を揃えるために選んだものです。上のモデルとは異なり、こちらは電波ソーラー(自動時刻修正)ではなく普通のソーラー電池モデルになります。HPによるとSHEENの税込正規価格は22000円から55000円ほど

20万円の福袋

20万円は投稿データが全くないので完全な推測です。 御殿場でも一個しか用意していないので、 投稿がないのも無理はないと思います。 とりあえず g-shockの最高峰とされるMRGを一つ選び、もう一つはOCEANUSの中から合計金額が451000円に合うように適当なものを選んでみました。 

 

G-SHOCK MRG-G1000B-1AJR 税込正規価格 330000円

MRG は g-shock の最高峰ラインになります。 中でもMRG-G1000B-1AJRは、 GPS と電波ソーラーにより世界中で正しい時刻を表示でき、 さらに特殊処理されたチタンやサファイアガラスを使用するなど、精度と強度を徹底的に追求しているそうです。 HPによるとMRGの税込正規価格は150000円~330000円程

OCEANUS OCW-T3000A-1AJF 税込正規価格 121000円

オセアナスのOCW-T3000A-1AJFという商品を選びました(税込正規価格121000円)。 この時計はオシアナスのクラシックラインになり、 クロノグラフ(ストップウォッチ機能)や電波ソーラー機能(自動時刻修正機能)を有しています。クラシックラインの特徴は、シンプルなフォルムと視認性や機能性の追求で、HPによると税込正規価格は95000円~145000円程

再現福袋のまとめ

2020年の g-shock の福袋はどのアウトレットもほぼ同じ内容だったようです。再現してみた結果、 一部事前の発表を上回るものもありましたが、 概ね発表金額と同じでした。 そして確認できた範囲では、発表金額を下回るものは見当たりませんでした。g-shock さすがですね!!

 

入手方法は?

御殿場のアウトレットでは、 元旦は全店舗朝9時にオープンとなりますが、毎年各店舗前において開店前に福袋の整理券を配っているお店が多いです。

G-shock 御殿場では、毎年だいたい朝6時頃から整理券を配っているようです。

そしてその整理券を店員さんから受け取り、当日の13時半(年によって変更の可能性あり)までにG-shock 御殿場店に行き、お金を支払うと福袋ゲットとなります。

つまりお金を支払うまではキャンセルも可能であり、 13時半以降はキャンセル待ちの福袋をゲットするチャンスもあるということになります。

2020年は 7万円以上の福袋は、整理券の段階で一旦売り切れたそうです。

ですので確実に入手するには、できるだけ早く並んでおく必要があります。

ただ、アウトレット自体のオープンが午前6時なので、それまではお店の前に直接並ぶことができません。

6時までは、アウトレットの駐車場に設けられた専用のスペースに一旦並ぶことになります。

僕が過去に並んだ経験では、 午前4時過ぎに並び始めた時は既に200~300人ほどの先着者がおり、 午前1時頃に並び始めた時は50名ほどの先着者がいた記憶があります。

みんな根性ありますよね(笑)。

とは言っても、 外はとっても寒いので、席(携帯用の椅子とかを置いて)だけ取って車の中で待機している人が大半なのですが…

いずれにせよ正月深夜の御殿場は、かなり寒いですから、 あったかい格好して風邪をひかないように気をつけてくださいね。

ちなみに僕は、1日でホッカイロ10個ほど消費してます(笑)。

 

G-shock の福袋って結局お得なの?

福袋に入っていた商品を元に、 楽天での大まかな市場価格を計算したところ、 平均すると正規価格の70%~75%程度で販売されていることがわかりました。

 

つまり25%~30%引きが市場平均ということ。

 

上でも述べた通り2020年のG-shockの福袋の中身は、 正規価格の約49%~61%引きで、平均すると約54%引き

確かに福袋の方が圧倒的にお得ですね(^ω^)

 

実は2018年の g-shock の福袋も調べたことがあるのですが、その年は正規価格の57~64%引きで、平均すると約60%引きでした。
2018年の g-shock の福袋の中身を見てみる

ですので、お買い得度は若干低下傾向と言えるのかもしれません。

 

もう一つ、実はアウトレットの g-shock では、 いわゆる B 級品(キズがあって正規品として販売できなくなった商品)で型落ちした商品が、 約30%引きで販売されていることが多いです。

お正月の間は特別セールとして、さらに20%ほど割り引かれて販売される商品もあり、 トータルすると半額近くまで割り引かれた商品もあるようです

ここまで値引きされると、 福袋の割引率と大差がないことになりますよね。

福袋は確かに安いですが、 中身を選ぶことができず、 しかも同じメーカーの時計を2本購入することを強制されます。

G-shock 欲しいけど一本で十分… という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、 とりあえず朝早く並んでお目当ての福袋整理券をゲットしておく。

そして朝9時の開店以降は、g-shock 店舗内において、半額近くまで割り引かれた特別セール品の中で、自分の欲しい商品かそれに近いものを探してみる。

もし好みの商品が見つかったらそちらを購入し、福袋の2本買いはキャンセル…

もしかしたらこのやり方が経済的には賢いのかもしれませんね。

 

ですが、特に欲しい商品が決まっているわけでもなければ、やはり福袋がいいと思います。

福袋は開封のドキドキも楽しめますし♪、 友達との話題にもなりますからね(^^)v

それでは。

スポンサードリンク
スポンサードリンク