カラトラバ最高額!1200万円超の工芸レディースウォッチ「4899/901G-001」のススメ!

高級時計の代名詞とされるロレックス、オメガの上には、一般人がなかなか手を出せない雲上ブランドと呼ばれる世界があります。

オーデマピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ブレゲ、ランゲ&ゾーネ……

その雲上の中でも、最上位に位置する名門の中の名門が「パティック・フィリップ」。

世界で最も高額で最高峰の時計を販売する、時計業界の頂点に君臨する会社になります。

「パティック・フィリップ」は1839年にスイスのジュネーブで始まります。

創業者はポーランド人の「アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック」と「フランソワ・チャペック」。

その後フランス人時計師「ジャン・アドリアン・フィリップ」と世界最高の時計を作ることで意気投合し、1851年に「パティック・フィリップ」名前が誕生しました。

ロンドン万国博覧会では、世界初の鍵なし時計が称賛を浴び、1868年にはスイス初の腕時計を制作。

世界屈指の技術力で超複雑機構時計を次々と発表し、世界的な名声を獲得しました。

カラトラバ
エリプス・コレクション
ノーチラス
ゴンドーロ
アクアノート・コレクション
Twenty~4・コレクション
コンプリケーション
グランド・コンプリケーション

これら8つが現在「パティック・フィリップ」の主なラインとなっています。

ここでは、「カラトラバ」最高額、宝石と彫金技術が融合した工芸品レディース・ウォッチ「4899/901G-001」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

カラトラバとは

カラトラバ」は、1932年に誕生した「パティック・フィリップ」のドレスウォッチ・ライン。現在の「パティック・フィリップ」の展開ラインでは最も古く、一番のロングセラー・シリーズになります。「カラトラバ」の名前は、イベリア半島を支配したイスラム勢力に対し、12世紀にスペインで活躍した「カラトラバ騎士団」に由来します。そしてこの「カラトラバ騎士団」が使用した、剣と百合の花を組み合わせた「カラトラバ十字」の紋章が、「パティック・フィリップ」のエンブレムとなっています。その紋章の美しさと歴史的背景から、1887年にエンブレムに採用されますが、この「カラトラバ」の名を冠していること自体が、「パティック・フィリップ」を代表するラインであることも伝えています。
「カラトラバ」の特徴は、薄い丸型ケースと無駄のないシンプルな文字盤、そして立体感のあるインデックスと中央が山折りになったドルフィン針。全てが完璧なバランスで配置された究極のデザインとも言われ、「丸型時計の模範」「永世定番」とまで称されました。そして誕生以来、基本デザインを守りながら一世紀近くに渡ってドレスウォッチの頂点に君臨しています。HPによると「カラトラバ」の税込正規価格は280万円~1,200万円程になります。

 

カラトラバ「4899/901G-001」

4899/901G-001」は「カラトラバ」のレディース・ウォッチ。ブルートーンを基調としたハイジュエリー・モデルで、工芸品とも呼べる非常に贅沢な時計になります。文字盤にはブルーの羽毛が手彫金(金属素材などに装飾やモチーフを立体的に描き出すデリケートな芸術)により刻まれたマザーオブパールを採用し、文字盤下半分とケース外周にはダイヤモンドとブルーサファイアが散りばめられています。ケースサイズは35.8mmで、厚さは僅か7.8mm。敢えて防水性や堅牢性にこだわらないことで超薄型の非常に美しいフォルムを実現しています。
ムーブメントはパワーリザーブ48時間の「キャリバー240」。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプになります。「パティック・フィリップ」は「パティック・フィリップ・シール」と呼ばれる時計業界で最も厳格な独自の認定基準を設け、自社の全ての機械式時計を審査認定しています。これはムーブメントに限らず時計全体が最高品質であることを保証するのと同時に、全ての時計のアフターサービス、修理を保証するものでもあります。
こちらのモデルは、HPに掲載されている「カラトラバ」の中では最高額モデルで、税込正規価格は12,507,000円。宝石と彫金技術が融合した究極のラグジュアリー・ウォッチであり、最高峰「パティック・フィリップ」の中でも更に頭一つ抜きに出た存在になります。しかし防水性や堅牢性、耐磁性は決して高くないため、取り扱いには十分な注意が必要です。
パティック・フィリップのHP
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク