丸型ケースの永世定番カラトラバ5227R-001のススメ!圧倒的なステータスを放つパティック・フィリップのメンズウォッチ!

高級時計の代名詞とされるロレックス、オメガの上には、一般人がなかなか手を出せない雲上ブランドと呼ばれる世界があります。

オーデマピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ブレゲ、ランゲ&ゾーネ……

その雲上の中でも、最上位に位置する名門の中の名門が「パティック・フィリップ」。

世界で最も高額で最高峰の時計を販売する、時計業界の頂点に君臨する会社になります。

「パティック・フィリップ」は1839年にスイスのジュネーブで始まります。

創業者はポーランド人の「アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック」と「フランソワ・チャペック」。

その後フランス人時計師「ジャン・アドリアン・フィリップ」と世界最高の時計を作ることで意気投合し、1851年に「パティック・フィリップ」名前が誕生しました。

ロンドン万国博覧会では、世界初の鍵なし時計が称賛を浴び、1868年にはスイス初の腕時計を制作。

世界屈指の技術力で超複雑機構時計を次々と発表し、世界的な名声を獲得しました。

カラトラバ
エリプス・コレクション
ノーチラス
ゴンドーロ
アクアノート・コレクション
Twenty~4・コレクション
コンプリケーション
グランド・コンプリケーション

この8つが現在「パティック・フィリップ」の主なラインとなっています。

このページでは、「パティック・フィリップ」を代表するシリーズ「カラトラバ」の「5227R-001」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

カラトラバとは

カラトラバ」は、1932年に誕生した「パティック・フィリップ」のドレスウォッチ・ライン。現在の「パティック・フィリップ」の展開ラインでは最も古く、一番のロングセラー・シリーズになります。「カラトラバ」の名前は、イベリア半島を支配したイスラム勢力に対し、12世紀にスペインで活躍した「カラトラバ騎士団」に由来します。そしてこの「カラトラバ騎士団」が使用した、剣と百合の花を組み合わせた「カラトラバ十字」の紋章が、「パティック・フィリップ」のエンブレムとなっています。その紋章の美しさと歴史的背景から、1887年にエンブレムに採用されますが、この「カラトラバ」の名を冠していること自体が、「パティック・フィリップ」を代表するラインであることも伝えています。
「カラトラバ」の特徴は、薄い丸型ケースと無駄のないシンプルな文字盤、そして立体感のあるインデックスと中央が山折りになったドルフィン針。全てが完璧なバランスで配置された究極のデザインとも言われ、「丸型時計の模範」「永世定番」とまで称されました。そして誕生以来、基本デザインを守りながら一世紀近くに渡ってドレスウォッチの頂点に君臨しています。HPによると「カラトラバ」の税込正規価格は280万円~1,200万円程になります。
「パティック・フィリップ・カラトラバ」は有名人にも大変人気があります。藤原竜也さん、小木博明さん、設楽統さん、櫻井翔さん、金子千尋さん、豊田章夫さん、などが愛用されたことが知られています。

 

カラトラバ「5227R-001」

5227R-001」は、2013年から製造されている「カラトラバ」。3針デイト(日付表示)タイプで、ケースバックにはヒンジ付きカバーを備えたシースルーバックを採用しています。
ムーブメントはパワーリザーブ45時間程の「キャリバー324SC」。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」で、時計業界で最も厳格とされる「パティック・フィリップ・シール」の認定基準をクリアしたムーブメントになります。
ケースサイズは39mm、と「カラトラバ」ではかなり大型になりますが、防水性能は3気圧と最小限に抑え、薄さ9mm台の美しいフォルムを保持しています。ケースには「ローズゴールド」を採用し、税込正規価格は4,536,000円(市場価格は300万円台半ば程)。ケース素材は「ローズゴールド(5227R-001)」の他に「イエローゴールド(5227J-001)」と「ホワイトゴールド(5227G-001)」があり、正規価格は共に4,536,000円。
「パティック・フィリップ」は、相手の態度を激変させる圧倒的なステータスとオーラを放ち、行く先々で最上級のもてなしを受けられるようになるとも言われます。こちらのモデルは、その時計の放つ最高峰の魔力を味わってみたい方にオススメです。ただし、防水性能や耐磁性能、耐傷性能などはほとんどないため、扱いには十分に気をつけてください。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク