誕生日に贈りたいコーチの人気メンズ財布6選!

コーチは、1941年創業のアメリカニューヨークを本拠地とするファッションブランド。

特にバッグなどの皮革製品に強みがあり、品質と耐久性に定評のある会社になります。

売上規模も非常に大きく、2020年ブランド価値ランキングのアパレル部門では世界第13位。

利益も知名度も高く、世界的な優良企業の一つとなっています。

いわゆるハイブランドに分類されるますが、「アウトレット専用商品」も大量に出回っており、実際は以外と安値で買えるブランドでもあります。

この世界的な人気を誇るコーチから、誕生日プレゼントにオススメなメンズ財布を6つご紹介します。

スポンサードリンク

 

2つ折り財布

2つ折り財布」の長所は、コンパクトでパンツのポケットで持ち運びできる利便性。逆に短所は収用量が少なくて多くを持ち運べないこと。詰め込み過ぎると形が崩れて見苦しいし、中身を減らすと今度は小物(カード入れなど)が増える。「2つ折り財布」は現金の少ないカード決済型の人、小物管理が苦にならない方にオススメです。コーチのHPを見る限り、「2つ折り財布」の税込正規価格は概ね3万円強。しかし市場には「アウトレット専用商品」と呼ばれる廉価バージョンが大量に出回っており、実質の市場価格は1万円強と言ったところ。決して偽物ではなく耐久性も問題ないので、積極的にギフトに活用しましょう。

 

2つ折り財布 スポーツカーフレザー 

コーチの財布は基本的に「レザー(牛革)」か「キャンバス(帆布)生地」が使われますが、「レザー」は高級感のある大人の印象を与えます。現在ほとんどの革製品がクロムなめしを行っていますが、「スポーツカーフレザー」は、エイジングを楽しめる植物タンニンなめしとクロムなめしを組み合わせて仕上げ、表面加工も行っていないため、経年変化を楽しむきとができる財布となっています。レザー製品の良さを最大限楽しみたい方に好まれますが、落ち着いたデザインのため、あらゆる年齢層の方にオススメできるギフト向きの財布でもあります。

 

2つ折り財布 キャンバス シグネチャー

キャンバス」はレザーよりもカジュアルな印象となります。コーチのブランドロゴ「C」を型取った「コーチシグネチャー」というのは、もともとグッチやルイヴィトンの模倣から始まったもの。2001年にこの「シグネチャーライン」を発表すると、特に日本において大人気となり、高級感ブランドとしての地位を確立することになりました。日本人はこの高級ブランド感のある「シグネチャー柄」が、割と好きな傾向があります。コーチファンやブランド好きな方にオススメです。

 

2つ折り財布 レザー 迷彩柄

コーチのデザインは「アメリカンクラシックとニュヨークの先進性の融合」と言われます。エイジングを楽しむような落ち着いたデザインをアメリカンクラシックとするならば、こちらの「迷彩柄」はニューヨークの先進性。奇抜なものを好む方であれば喜んでくれるかもしれませんが、ギフトとしてはあまりオススメはできません。プレゼントであれば落ち着いたデザインかシグネチャー柄が無難でしょう。

 

長財布

長財布」の長所は収用力。現金、カード、レシートを大量に保管できます。結果として小物類を減らせるメリットも。逆に短所はポケットでは運びづらいボリューム感。パンツのポケットは落下の恐れがあるし、バッグを持つのもめんどくさい。長財布は現金、カードを多く持つ、バッグ型の方にオススメです。コーチのHPを見る限り、税込正規価格は概ね4万円強。しかしこちらも「アウトレット専用商品」が大半で、市場価格は2万円弱がボリュームゾーンとなります。

 

ブレストポケットタイプ レザー 

ブレスト(胸)ポケット」タイプは胸ポケットにしまうことを想定した長財布。収用量ではアコーディオン(ラウンド)ジップタイプに劣りますが、決済を素早く済ませられる利便性があります。また、2つ折りに比べかさばらないため、洋服のシルエットも崩れにくく、清潔で知的な印象を保ち安いといったメリットも。こちらは「シボ(しわ)加工」が施されたレザーの長財布。シボを出すことによって傷や曲げ伸ばしに強くなり、傷自体も目立たなくなります。また、柄のない無地の財布は、いわゆる「高級ブランド感」は湧きにくい一方で、「高級感と大人の雰囲気」を伝えてくれます。あらゆる年齢層の男性に幅広くオススメできる、ギフト向きの財布になります。

 

アコーディオンジップ キャンバス シグネチャー

アコーディオンジップ」の長所は、アコーディオンのように広がるため、収用量が多く中身を確認しやすいこと。また、カードケースなどの小物類を減らせるといったメリットもあります。「キャンバス(帆布)生地」を使用したこちらの財布は、雰囲気としてはややカジュアル。「シグネチャー柄」なので、コーチファンやブランド好きな方にオススメです。

 

アコーディオンジップ レザー ヴァーシティストライプ 

こちらもアコーディオンのように広がる長財布。中央の3本線が特徴的の「ヴァーシティストライプ柄」もコーチを代表するデザインの一つになります。いわゆる「シグネチャー柄」は、本人の意図に関係なく「高級ブランドを使ってます感」を勝手にアピールするのがたまにキズ。日本人は割と「シグネチャー柄」が好きですが、この感じを嫌う方も一定数いらっしゃいます。この「ヴァーシティストライプ柄」は、シグネチャーで「高級ブランド感」をアピールすることなく外観でコーチと分かるため、「高級ブランド感」を嫌うコーチファンの方にオススメです。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク