誕生日プレゼントに男の子にオススメなカシオのメンズ時計5選!

カシオは1957年に設立された日本の電機メーカー。

電卓、時計、電子デバイスなどを主力商品とする東証1部上場企業になります。

腕時計では耐衝撃性能に定評のあるG-shockが有名ですが、低スペックの廉価時計からスポーツウォッチ、ソーラー電波の高機能ウォッチ、シルエットを重視したエレガンスウォッチ、など様々なラインを展開しています。

このカシオから、男の子への誕生日プレゼントにオススメなメンズウォッチを5つご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  カシオ G-shock BASIC 

G-shock」はカシオ計算機株式会社が1983年に販売した時計ブランド。落下強度10m、防水性能10m、電池寿命10年、の「トリプル10」を全てクリアした時計として、対衝撃性と堅牢性に定評があります。現在「G-shock」からは様々な特殊機能を備えた高額ラインも出ていますが、こちらは多彩な機能を搭載しつつもスペックを抑えた「BASIC」ライン。20気圧防水(水泳OK)、世界の都市の時刻を表示するワールドタイム、ストップウォッチ、タイマー、フルオートカレンダー、LEDライトなどの機能を備えています。こちらの「GW-8900A-7JF」は、ソーラー発電と標準電波受信による自動時刻修正機能(6ヶ国対応)を持ち、税込正規価格は24,200円(市場価格は1万7千円程)。G-shockは長く使える時計なので、電池交換不要のソーラー発電タイプをオススメします。

 

2 3  カシオ G-shock G-SQUAD 

ジースクワッド(G-SQUAD)」というのはG-shockのスポーツライン。「GBD-H1000」シリーズは、光学心拍計とGPSを搭載した、本格的なトレーニングサポート機能を有する、ハイスペックスポーツウォッチになります。光学心拍計により自分の心拍数を正確に把握でき、GPS により自動時刻修正に加え、移動距離や速度なども把握可能。また、方位、高度/気圧、温度センサーの他、加速度センサーも搭載し、温度や高度の他、歩数までも計測可能になります。更にこのハイスペックを支える電力源として、ソーラー充電とUSB充電の選択充電方式を採用。20気圧防水やワールドタイム機能も備えています。2020年10月発売の「GBD-H1000-1A7JR」(上の時計)の税込正規価格は55,000円。また、GPSや心拍計、加速度センサーなどがなく、充電もできない低スペックモデル「GBD-100-1A7JF」(下の時計)も販売されており、こちらは22,000円。どちらも本格的にトレーニングに打ち込む若者にオススメな時計になります。

 

4  カシオ スタンダード

スタンダード」は、カシオが展開する時計ブランドの中でも、「G-shock」とは別のブランド。時計の基本性能を追求し、スペックをおとした廉価ブランドになります。「スタンダード」の税込正規価格は概ね2千円~1万円程。「MQ-24D-7EJF」は電池式のクォーツで、日常生活用防水のみを備えたシンプルな時計になります。税込正規価格は3,300円で、市場価格は2,200円程。上の時計に比べてもかなり価格が安くなりますが、品質に確かな信頼のあるカシオムーブメントを持つ時計になります。時計に複雑な機能を求めない方、プレゼントの予算を抑えたい方にオススメです。

 

5  カシオ リニエージ ソーラークロノグラフ

リニエージ(LINEAGE)」もG-shockとは別のカシオの時計ブランド。フルメタルのソーラー電波時計のシリーズになります。税込正規価格は2万~4万5千円程。こちらの「LIW-M610D-2AJF」は、ソーラー発電(電池交換不要)に、電波ソーラー(標準電波受信による自動時刻修正機能:日本、北米、欧州、中国対応)を備えた電池交換も時刻修正も一切不要なモデル。さらにクロノグラフ(ストップウォッチ機能)も搭載し、実用性の高い時計となっています。税込正規価格は29,700円で、市場価格は1万8千円台から。コストパフォーマンスの非常に高い時計になります。就職後も長く使える時計として、中学生から大学生へのプレゼントにオススメです。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク