誕生日プレゼントにオススメなセイコーのレディース時計4選!

セイコーは1881年創業の日本の時計メーカー。

日本初の腕時計や世界初のクォーツウォッチを製品化し、オリンピックなどにもオフィシャルタイマーとして度々参加する、世界的な知名度を誇る会社になります。

ブランドも、高級実用時計グランドセイコーをはじめ、宝飾腕時計クレドール、デフュージョンウォッチアルバなど、複数を運営しており、ラインナップも多岐に渡ります。

この日本を代表する時計メーカーセイコーから、誕生日プレゼントにオススメなレディースウォッチを4つご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  セイコーセレクション ソーラー

セイコーセレクション」は、セイコーが考える時計の基本機能とデザイン性を追求したシリーズ。自社の腕時計から機能、品質、デザインのトータルバランスを元に厳選されたものが、「セイコーセレクション」として販売されます。主に30代以上の方をターゲットとしており、上品で落ち着いたデザインのラインナップが特徴です。機能別に大きく①ソーラー電波(標準電池受信による自動時刻修正機能)②ソーラー(電池交換不要)③クォーツ電池、に分類されますが、セイコーのHPによると税込正規価格は、
①ソーラー電波は3万5千~5万5千円程
②ソーラーは2万2千~3万5千円程
③クォーツ電池は1万5千~3万3千円程
こちらの「STPX033」は、②ソーラータイプ(電池交換不要)の3針デイデイト(日付曜日表示)。元々はスピリットというブランドで販売されていましたが、2017年のスピリット廃止に伴い、セイコーセレクションに再編されました。サファイアガラスの使用により視認性も高く、デザインも上品で洗練されています。税込正規価格は22,000円で、市場価格は1万5千円台から。値段も手頃でコスパもかなりいい方になります。30代以上の落ち着いた女性に似合います。

 

2  セイコー アルバ アンジェーヌ

アルバ(ALBA)」のブランドコンセプトは、国や言語、年齢、性別に関係なく、世界中の人が使える「ユニバーサルデザイン」。このコンセプトの元に「アルバ」では、シンプルナチュラルの「リキワタナベ」、カジュアルなレディースウォッチ「アンジェーヌ」、機能性を追求した「ソーラー電波」、トトロなどの「キャラクターウォッチ」、といった幅広いラインを揃えています。「アンジェーヌ」は、時計の使いやすさとカジュアルな遊び感覚を大切にしたレディースウォッチシリーズになりますが、手頃な価格が魅力の一つとなっています。大きく①ソーラー(電池交換不要)②クォーツメタルバンド③クォーツレザーバンドに分類され、HPによると税込正規価格は、
①ソーラーは1万4千~1万8千円程
②クォーツメタルバンドは9千~1万4千円程
③クォーツレザーバンドは8千~1万1千円程
こちらの「AHJK451」は、③クォーツレザーバンドモデル。白蝶貝の文字盤に花模様をあしらった、可愛らしいカラーリングが特徴になります。税込正規価格は9,900円で市場価格は7千円前後。気軽に楽しめるファッションウォッチとして、10代~20代の若い女性オススメです。

 

3  セイコー プレサージュ

プレサージュ」は、日本の伝統と美意識を集約して、世界に配信することを目的としたウォッチブランドになります。主な特徴は「トライマチック(ダイヤショックによる耐衝撃性能、マジックレバーによる巻き上げ効率の向上、疲労しない合金素材スプロン)」と呼ばれる独自技術に基づく品質と耐久性、そして温かみや日本の伝統美を感じさせる琺瑯(ほうろう)や漆によるダイヤルのデザイン。また、純国産自動巻きムーブメントを標準装備し、シースルーバックなどを採用することにより、本格的なオートマチック仕様の時計となっています。「プレサージュ」には通常の①ベイシックラインと、技術と伝統をより高次元で融合させた②プレステージラインがありますが、HPによると税込正規価格は、
①ベイシックで4万5千~8万円程
②プレステージで8万~60万円程
SRRY041」は①ベイシックのカクテルダイヤルシリーズ。銀座の「STAR BAR」のオーナー岸久(きしひさし)氏の、カクテル「スカイダイビング」をモチーフとした、大人の気品溢れるダイヤルになります。そして裏面にはムーブメントを直接眺められるシースルーバックを採用。2020年発売のモデルで、税込正規価格は49,500円(市場価格は3万円台後半から)。手頃な価格ながらも洗練された美しいダイヤルを備えており、特にコストパフォーマンスに優れます。また、ビジネスからカジュアルまで幅広く合わせられるデザインのため、ギフト向きの時計でもあります。本格的自動巻き時計の一本目としてもオススメです。

 

4  セイコー ルキア

ルキア(LUKIA)」は、1995年に誕生したビジネスウーマン向けのレディースウォッチブランド。「LUKIA(ルキア)」というのは、L=Lucid(輝く)、U=Unison(調和)、K=Keen(はつらつとした)、I=Intellectual(知的な)、A=Active(活動的な)の頭文字を組み合わせた造語になります。この知的で活発なコンセプトに基づく、可愛らしいデザインや実用性が若い女性に支持され、現在セイコーレディースウォッチの中でも一番人気のブランドとなっています。この「ルキア」は機能別に大きく、①ソーラー(電池交換不要)②ソーラー電波(自動時刻修正)③ラッキーパスポート(世界26都市の時刻表示)④メカニカル(機械式自動巻き)、の4つに分類されます。HPによると税込正規価格は、
①ソーラーが4万~6万円程
②ソーラー電波が6万~13万円程
③ラッキーパスポートが6万~16万円程
④メカニカルが4万~5万5千円程
SSVV035」は、③ラッキーパスポート(26ヶ国ワールドタイム表示)のソーラー電波(4ヶ国対応の自動時刻修正)機能付き。ケースには輝きを傷から守るセイコーの新技術「プラチナダイヤシールド」を施し、ダイヤルにはクールに輝く銀ラメを配色。朝の雪景色に朝日が降り注ぐような冷たい美しさを持つ時計となっています。税込正規価格は60,500円で市場価格は概ね4万円強。確かにハイスペックでコスパの良い時計ではありますが、特にこの品格と透明感を備えた美しさが好評で、ルキア全体の中でも非常に高い人気を誇るモデルとなっています。ビジネスからカジュアルまで幅広く合わせられるため、こちらもギフト向き。若い女性に限らず、すべての世代にオススメできる時計です。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク