誕生日プレゼントにオススメなカシオのレディースウォッチ5選!

カシオ計算機株式会社は1957年創業の日本の電機メーカー。

電卓や電子デバイスなどの製造販売を行っていますが、時計も主力商品の一つとなっています。

カシオの時計と言えば耐衝撃性能に定評のあるG-shockが有名ですが、機能性を追求した実用時計やスペックを落とした廉価時計、スポーツウォッチにラグジュアリーウォッチ、と幅広いラインナップを取り揃えており、レディースの時計も充実しています。

このカシオから、誕生日プレゼントにオススメなレディースウォッチを5つご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  カシオ シーン ソーラーサファイア

シーン(SHEEN)」は、カシオのレディース専用ブランド。上品なデザインと日常での機能性を備えた才色兼備なメタルウォッチになりますが、デザイン性が高いためギフト向きの時計でもあります。「シーン」は機能別に大きく①「ソーラーサファイア」と②「ソーラー電波」に分けられ、主な特徴は次の通り。
①「ソーラーサファイア」: ソーラー充電(電池交換不要)、5気圧防水、風防サファイアガラス 税込正規価格2万5千~3万5千円程
②「ソーラー電波」: ソーラー充電、電波時計(標準電波受信による自動時刻修正:日本、中国の2ヵ国対応)、10気圧防水、風防サファイアガラス 税込正規価格3万5千~5万3千円程
5気圧防水、10気圧防水、共に日常生活用強化防水に分類されますが、5気圧防水は水仕事、水泳まで可能であるのに対し、10気圧防水は水泳に加え素潜りまで可能とされています。こちらの「SHE-4516SBZ-9AJF」は①「ソーラーサファイア」。シャープなローマインデックスと、多面カットを施した立体的なバーインデックスを採用。9時位置にはキラキラ輝くスワロフスキー・クリスタルをセッティングし、大人の女性らしい洗練されたフェイスデザインにアクセサリーの輝きを添えています。シルバーとピンクゴールドの華奢なバンドも上品な華やかさを演出。一方機能面については、ソーラー充電と日付表示機能を備えていますが、時刻修正機能は有していません。機能性よりもデザイン重視でこの時計をご紹介しています。税込正規価格は30,800円で、市場価格は概ね2万円前後。少し凝った美しいデザインのため、このシリーズではやや高めになります。30代以上の大人の魅力のある女性、知的なお仕事をされておられる方に似合います。

 

2  カシオ ウェーブセプター 電波ソーラー

ウェーブセプター」もカシオが運営する時計ブランドの一つ。自動時刻修正機能を有する標準電波受信装置を標準装備することで、全ての時計が正確な時を刻む電波時計のシリーズになります。カシオHPによると、ウェーブセプターの税込正規価格は概ね6千~3万3千円程。中には、電波受信により自動時刻修正ができるのに、ソーラー充電ができない電池式、といった珍しいパターンの時計もあります。こちらの「LWA-M142-7AJF」は、樹脂バンドタイプの電波時計。日本、北米、ヨーロッパ、中国において標準電波を受信し時刻修正を行うことができるため、電波時計としてはかなり優秀です。更に、蛍光灯でも発電できるタフソーラーの搭載、世界48都市の時刻を表示するワールドタイム機能、フルオートカレンダーにLEDライト付き、と機能面が充実しており、特に国際派の方にとっては非常に実用性の高い時計となっています。税込正規価格は18,700円で、市場価格は8千円台から。グローバルな方にとっては、コスパ最強クラスの時計の一つになると思われます。デザインも「BABY-G」に通ずる可愛らしさを感じさせます。手動で時刻修正などやっている暇のない忙しいビジネスウーマン、あるいは海外出張の多いタフな女性に似合う時計です。

 

3 4  カシオ スタンダード アナログクォーツ

スタンダード」は時計の基本性能とデザインを追求したカシオのスタンダードブランド。時刻表示以外の機能を極力排除した、最も安価なブランドになります。税込正規価格は概ね2千~1万円程。上のステンレスバンド「LTP-1175A-2AJF」の税込正規価格は3,300円で、市場価格は2千円前後。下の樹脂バンド「LQ-139AMV-7B3LWJF」の税込正規価格は2,200円で、市場価格は千円前後。カシオの全ての時計の中でも最も安価な部類になります。どちらもアナログ電池式で、時刻表示と日常生活防水以外はこれといって機能はありません。フォーマルな場面が多い方であればステンレスバンドを、カジュアルを重視するのであれば樹脂バンドをオススメします。カシオにはデジタルのラインナップも充実していますが、アナログは安く見えにくいというメリットがありますにで、ここではアナログ時計をオススメします。プレゼントに予算を掛けたくない方にオススメです。

 

5  カシオ BABY-G G-MS ソーラー

BABY-G(ベイビージー)」はカシオが運営するレディース専用のウォッチブランド。有名なG-shockの姉妹ブランドに当たり、対衝撃構造を標準搭載するシリーズになります。「BABY-G」は大きく、①タフでかわいい若い女性向けの「BABY-G」と、②洗練された大人向けの「G-MS」に分けられます。HPによると税込正規価格は、
①「BABY-G」が1万~3万円程
②「G-MS」が2万6千~4万2千円程
こちらの「MSG-S500G-3AJF」は、2020年10月発売の②「G-MS」。深みのあるネイビー、オリーブグリーン、ダークブラウンを配色し、「BABY-G」ブランドとは思えない大人の魅力を演出しています。また、上品なメタルケースと樹脂バンドの組み合わせは、大人のキレイめにのカジュアルにもよく合います。しかしこの時計は機能面が充実していません。「BABY-G」ブランドに標準搭載されている対衝撃構造の他は、ソーラー充電と10気圧防水機能くらい。電波受信による時刻修正やワールドタイム、ライト、ストップウォッチ機能などは搭載していません。そのため税込正規価格は28,600円(市場価格は2万円程)と、このシリーズの中では手頃な値段となっています。あくまでデザイン重視でこの時計をご紹介しています。電波受信やグローバルな機能を求めるのであれば、上で紹介した8千円台から購入可能な「ウェーブセプター」をオススメします。大人のキレイめのカジュアルに合う時計を探しておられるレディーにオススメです。
スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク