IWC永久カレンダーのススメ!最高峰の時計と究極のムーブメント!

IWC(アイダブリュシー)は、アメリカ生まれの時計職人「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」によって、1868年にスイス・シャフハウゼンに設立された時計メーカー。

アメリカの機械自動化とスイスの伝統技術の融合により、高品質時計の量産体制を築き、スイスを代表する時計会社になりました。

1930年代に本格的に腕時計の生産を始めると、数々の名作を世に残します。

1936年「パイロットウォッチ」
1939年「ポルトギーゼ」
1955年「インジュニア」
1967年「アクアタイマー」
1969年「ダ・ヴィンチ」
1984年「ポートフィノ」

以上の6つが現在のIWCの主要なラインナップとなっていますが、複数のラインから「パーペチュアル(永久)・カレンダー」を搭載した時計が発売されています。

今回はIWCの「ダヴィンチ」「ポルトギーゼ」「インジュニア」から、異なるタイプの「パーペチュアル・カレンダー」搭載モデルをご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ「IW392103」

ダ・ヴィンチ」は、ルネサンスの巨匠「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の名を冠することで、「美とテクノロジーの共存」を表現していると言われています。1969年にクォーツ・モデルとして誕生した「ダ・ヴィンチ」は、85年「パーペチュアル(永久)・カレンダー」を搭載した高級ラインとしてリニューアルされました。「パーペチュアル・カレンダー」とは、閏年ですら調整不要の半永久的に継続するカレンダーのことで、「時計三大複雑機構」に数えられます。「三大複雑機構」には、「パーペチュアル・カレンダー」の他に、「ミニッツ・リピーター」と「トゥールビヨン」があり、そのうち一つでも搭載すると一気に値段が跳ね上がります。しかしIWCは「パーペチュアル・カレンダー」を搭載した「ダ・ヴィンチ」を、当時としては破格の200万円で販売し、業界を驚かせました。
IW392103」は、2017年発売のステンレスケース・モデルの「ダ・ヴィンチ」。日、曜日、月、4桁西暦、「永久ムーンフェイズ」を備えた「パーペチュアル・カレンダー」、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)、そして高性能自社ムーブメントを搭載したモデルになります。ムーブメントはパワーリザーブ68時間の「キャリバー89630」。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプになります。税込正規価格は3,718,000円。成功者にこそふさわしい時計です。
「ダ・ヴィンチ」からは、同じ機能を搭載したステンレスケース以外のモデルも発売されており、18Kレッドゴールドケース・モデルは4,994,000円、プラチナケース・モデルは6,853,000円、となっています。

2  ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー「IW503302」

ポルトギーゼ」は、2人のポルトガル人から「高精度な大型腕時計」の注文を受け、1939年に発売したことを始まりとするライン。この注文したポルトガル人に因んで「ポルトギーゼ」と名付けられましたが、一般向けに量産化されたのは1993年からになります。「ポルトギーゼ」の特徴は、シンプルなアラビア数字とスリムなリーフ針、そして大型のケースにレイルウェイ分目盛り。針とインデックスを、ゴールド、シルバー、ブルー、などに統一することが多いのも特徴です。また、クロノグラフの他に、パーペチュアル・カレンダー、トゥールビヨン、ミニッツリピーターなどの複雑機構を搭載したモデルが多く、数百万~数千万円クラスの超高額商品の多いラインでもあります。
IW503302」は、日付、曜日、月、4桁西暦に加え、「ムーンフェイズ」までも備えた「パーペチュアル・カレンダー」を搭載しています。「ムーンフェイズ」とは、月の満ち欠けをダイヤル上に表示する機能のことで、大人の遊び心をくすぐる複雑機構になります。こちらのモデルの注目点は、パワーリザーブ168時間の「キャリバー52610」(自動巻き)。時計を外しても約1週間動き続けるという、自社開発のスーパームーブメントになります。インダイヤルが多いですが、クロノグラフは搭載していません。ケースには18Kレッドゴールドを採用し、税込正規価格は4,345,000円。「パーペチュアル・カレンダー」に超ロングリザーブが加わった、「究極の永久カレンダー」です。

3  インジュニア・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス「IW381701」

インジュニア」とは、技術者(エンジニア)を意味するドイツ語のこと。1955年に、放射線を扱う特殊な技術者向けに、耐磁性能を強化した時計を販売したことが始まりになります。当初は耐磁性能重視のシンプル・デザインが主流でしたが、時代と共にデザイン性やその他の機能が重視されるようになりました。クロノグラフ・モデルや耐磁性能の弱いシースルーバック・モデルなども登場し、現在では「パーペチュアル・カレンダー」モデルまでも製造されています。
IW381701」は、3時(月)と9時(日付)にデジタル式の「パーペチュアル・カレンダー」を搭載した「インジュニア」。上のモデルとは少しタイプが異なります。ムーブメントはパワーリザーブ68時間の「キャリバー89801」(自動巻き)。クロノグラフ搭載型の自社ムーブメントになります。ケースには18Kゴールドを採用し、税込正規価格は5,747,500円(100本限定)。インジュニアとしては最高峰モデルになります。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク