30代に絶対似合う!ブライトリングの定番クロノマットメンズ時計3選!

「ブライトリング」は、1884年にレオン・ブライトリングによってスイスで設立された時計メーカー。

創業以来、親子3世代に渡りクロノグラフの開発に注力し、パイロットウォッチ、クロノグラフの分野で世界的な評価を獲得しました。

1915年、プッシュボタンを備えたクロノグラフ腕時計を販売。

1942年に、四足演算用の航空計算尺付きのクロノグラフ、初代「クロノマット」を発売すると、

52年には、更に発展させたパイロット向けのクロノグラフ「ナビタイマー」をリリース。

これは世界中のパイロットに支持されロングセラーとなります。

84年には、イタリア空軍向けに「クロノマット」を改良したことをきっかけに、「クロノマット」もブライトリングの定番として定着しました。

ブライトリングは、クロノグラフと共にに発展し、「空の時計」として世界中のパイロットたちに愛されています。

今回は、このブライトリングの定番「クロノマット」から、30代によく似合うメンズウォッチを3本ご紹介します。

自社ムーブメントの最新モデルは高くなるため、あえて少し古い他社ムーブメントのモデルを選択してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 

クロノマットとは

1942年に誕生した「クロノマット」は、84年、イタリア空軍の要請に基づき新モデルを開発。自動巻きキャリバーを使用した完全新設計「クロノマット」として生まれ変わりました。以降モデルチェンジを繰り返し、2004年には「クロノマット・エボリューション」、2009年には「クロノマット44」、2020年には「クロノマットB01」、をリリースしています。
このシリーズの大きな特徴は、ベゼル上下左右に設置された4つの「ライダータブ」、「クロノグラフ」、「回転ベゼル」、視認性を高める「両面無反射コーティング」、そして実用性重視のデザイン。「ライダータブ」というのは、パイロットがグローブをはめたまま操作を行えるようにするためのベゼルについた4つの突起のことで、風防を衝撃から守る目的もあります。また、100m以上の防水性能も有しており、高級感を保ちながらも堅牢で分厚いタフな外観となっています。
「ブライトリング・クロノマット」は有名人の愛用者も多く、日本では、葛西紀明さん、綾野剛さん、向井理さん、EXILEタカヒロさん、などが愛用されたことが知られています。

 

1  クロノマット44 「S011BMPPA」

こちらは2009年から販売されているケースサイズ44mmの「クロノマット44」シリーズ。2009年に誕生した自社ムーブメント「ブライトリングB01」を搭載したモデルになります。「キャリバーB01」の特徴は、高精度、高耐久性、そして70時間のロングリザーブ(時計を外しても約3日間程動き続けます)。操作性の向上や、メンテナンスも容易といったメリットもあり、ブライトリングの技術を結集した渾身のムーブメントと言われています。
S011BMPPA」は、2017年発売のケースサイズ44mmの「クロノマット44」。JSP(ジャパン・スペシャル・エディション)という日本限定モデルになります。パワーリザーブ70時間の「Cal.B01」を搭載。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」で、ムーブメントを裏側から眺められるシースルーバックを採用しています。防水性能は200mで、ベルトはパイロットブレスレット。
税込正規価格1,210,000円に対し、市場価格60万円台から。44mmの存在感あるケースは、圧倒的なと力強さを放ちつつも、一流ブランドならでははの気品を感じさせます。「クロノマット」の定番ですが、こちらは500本限定なので品薄となっています。

2  クロノマットB01 42「AB0134101C1A1」

クロノマットB01・AB0134101C1A1」は、2020年にモデルチェンジによって誕生した最新「クロノマット」。こちらもムーブメントは、パワーリザーブ70時間の自社製「Cal.1」を採用。自動巻きのシースルーバックになります。ケースは42mmとややサイズダウンし、ロゴが「ウイング」から「B」へと変更。リューズの形も変わりました。防水性能は200mで、ベルトはロールブレスレット。
税込正規価格979,000円に対し、市場価格は120万円台から。こちらはかなり高騰しています。

3  クロノマット・エボリューション「A156F17PA」

クロノマット・エボリューション」は、2004年から2009年にかけて生産されたやや古い「クロノマット」。「クロノマット44」の前モデルになります。ケースサイズ43.7mmと存在感のある大きさですが、ETA社の汎用ムーブメント(ブライトリング13)を使用しており、現行モデルに比べかなり安く購入できるのが特徴です。どちらのムーブメントもクロノメーター認定を受けているため、精度に関しては問題ありません。「クロノメーター」とは、スイス・クロノメーター検定協会(C.O.S.C)の厳しいテストによって、ムーブメントの精度が一定以上の高さであることを認定するもの。文字盤上に「CHRONOMETRE」と記載されます。1999年以降ブライトリングの全て時計がこの「クロノメーター」認定を受けており、上の2つのモデルも認定を受けています。
A156F17PA」は、2005年販売の「クロノマット・エボリューション」。ムーブメントのパワーリザーブは42時間。防水性能は300m。税込正規価格539,000円に対し、市場価格は30万円台から。これ以前の「クロノマット」は、ケースサイズが30mm台とやや小ぶりになりますが、「エボリューション」のサイズは現行モデルと引けをとりません。一般的に高精度な自社ムーブメントを使用すると、それだけで値段が高くなります。この「エボリューション」は、ETAムーブメント(自動巻き)を採用しているため、現行のサイズ感のまま値段を抑えることができ、お買い得となっています。ムーブメントにこだわらないのであれば、検討してみてください。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク