アクアノート・トラベルタイム5164A-001のススメ!600万円台のパティック・フィリップ!

高級時計の代名詞とされるロレックス、オメガの上には、一般人がなかなか手を出せない雲上ブランドと呼ばれる世界があります。

オーデマピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ブレゲ、ランゲ&ゾーネ……

その雲上の中でも、最上位に位置する名門の中の名門が「パティック・フィリップ」。

世界で最も高額で最高峰の時計を販売する、時計業界の頂点に君臨する会社になります。

「パティック・フィリップ」の歴史は、1839年にスイスのジュネーブで始まります。

創業者はポーランド人の「アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック」と「フランソワ・チャペック」。

その後フランス人時計師「ジャン・アドリアン・フィリップ」と世界最高の時計を作ることで意気投合し、1851年に「パティック・フィリップ」名前が誕生しました。

ロンドン万国博覧会では、世界初の鍵なし時計が称賛を浴び、1868年にはスイス初の腕時計を制作。

世界屈指の技術力で超複雑機構時計を次々と発表し、世界的な名声を獲得しました。

カラトラバ
エリプス
ノーチラス
ゴンドーロ
アクアノート
Twenty~4
コンプリケーション
グランド・コンプリケーション

以上の8つが現在の「パティック・フィリップ」の主なラインとなっています。

ここでは、「パティック・フィリップ」のスポーツ・ライン「アクアノート」から、デュアルタイム機能(GMT機能)を備えたトラベルタイム「5164A-001」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

アクアノートとは

アクアノート」は、1997年に誕生した比較的新しいスポーツウォッチ・ライン。76年に誕生したスポーツモデル「ノーチラス」から派生したシリーズで、「パティック・フィリップ」においては「ノーチラス」「カラトラバ」に次ぐ人気ラインになります。
主な特徴は、緩い八角形のケースと格子エンボス加工の文字盤、アラビア数字のインデックスにペンシル針、そして高い防水性能。実用性に優れたシリーズになります。デザイン的には、シンプル・エレガントな「カラトラバ」とスポーティな「ノーチラス」の中間的な外観で、「ノーチラス」よりも緩やかな八角形を採用。バンドは、防水性、牽引耐性、紫外線耐性に優れるコンポジット素材のトロピカル・バンド。コンポジットは、F1のボディなどにも使用される非常に強度と柔軟性の高い素材になります。97年の登場以来、基本デザインを変えることなくモデルチェンジを繰り返し、現行モデルは第三世代になります。
値段に関しては、生産数が少ないため、正規価格より高騰していますが、「ノーチラス」よりも手頃な価格となっています。「ノーチラス」のステンレスケース・タイプの新品が市場価格で800万円以上するのに対し、「アクアノート」は400万円台から。
「アクアノート」は有名人にも大変人気があります。海外では、リンゴ・スターさん、ポール・マッカートニーさん、スティーヴ・ンジェラードさん、サミュエル・エトーさん、カルレス・プジョルさん、国内では、矢作兼さん、設楽統さん、宮迫博之さん、南原清隆さん、などが愛用されたことが知られています。

 

アクアノート「5164A-001」

5164A-001」は、2011年に発売された「アクアノート・トラベルタイム」。異なる2都市の時刻を表示するデュアルタイム機能(GMT針)と2都市の昼夜表示機能(3時と9時)、そして日付表示機能(6時)を搭載したモデルになります。外観は、緩い八角形のケースと格子エンボス加工の文字盤、ペンシル針とアラビア数字インデックス、という「アクアノート」特有のデザインを有し、6時位置には日付表示インダイヤルが配置されています。ケースにはステンレスを採用し、防水性能は120m。ケースサイズは40.8mmで、厚さは10.8mm。複雑機構を搭載しているためやや厚めのフォルムとなっています。
ムーブメントはパワーリザーブ45時間の「キャリバー324SCFUS」。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプで、裏側からムーブメントを眺められるシースルーバックを採用しています。「パティック・フィリップ」は「パティック・フィリップ・シール」と呼ばれる時計業界で最も厳しいとされる独自の認定基準を設け、自社の全ての機械式時計を審査認定しています。これはムーブメントの精度に限らず時計全体が最高品質であることを保証するのと同時に、全ての時計のアフターサービス、修理を永久に保証するものでもあります。
税込正規価格は4,488,000円で、市場価格は600万円台後半から。同じキャリバーを搭載したローズゴールドケース・モデル「5164R-001」も販売されており、正規価格は6,688,000円(市場価格は700万円台から)。品質、デザイン、ステータス、アフターサービス、どれをとっても世界最高峰の究極の時計になります。特にこのモデルは、海外出張や旅行の多い方、あるいは頻繁に国際電話をかける方にオススメです。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク