40~50代男性へ誕生日に贈りたい人気メンズフレグランス5選!

現在世界中のアパレル企業が独自の香水を開発していますが、誰もが知る高級ブランドからも多くの人気フレグランスが販売されています。

女性の中には、自分の知っている香水を使っていると、それだけで好感度が上がる方が実はかなりいらっしゃいます。

「この匂い知ってる!」と気づくと男でも親近感がわくものです。

また有名ブランドの香水は、世界的なセレブが愛用されている例も多く、ブランドとセレブの良いイメージが、更に香りの印象を引き立ててくれる効果も少なくありません。

だからこそ、誰もが知る「有名ブランドの定番フレグランス」から選ばれることをまずオススメします。

ここでは、世界的な有名ブランドの人気フレグランスから、40~50代男性への誕生日プレゼントにオススメな香水を5つ厳選しています。

お相手の方に最適なものを選んであげてください。

スポンサードリンク

 

1  シャネル エゴイスト・プラチナム

シャネル」は、1909年にココ・シャネルによって設立されたフランスの高級ファッションブランド。ココ・シャネルはタイム誌の「20世紀の最も偉大な100人」にファッションデザイナーとして唯一ランクインした女性になります。1921年に発売したシャネル「N5」(シャネルの5番)は、世界で最も有名な香水となり、世界中のセレブに愛用されました。男性用としても、55年のプールムッシュウ、90年のエゴイスト、93年のエゴイスト・プラチナム、と名作を世に出し続け、フレグランス界で最高クラスの存在感を放っています。2020年ブランド価値ランキング・アパレル部門では第8位にランクインしました。「エゴイスト・プラチナム」の特徴は、ラベンダーなどの爽やかなトップノートから、ウッディのエキゾチックなラストへの変化と、きらめきに満ちたクールな香り。弁舌爽やかで社交的な男性(フランスではプラチナのような人という)をイメージしており、大人の色気を感じるセクシーな香りとも例えられます。市場価格は50ml入りで9千円台から。若い世代からの人気も高いですが、基本的に大人に似合う香水になります。華やかで社交的であろうと努力される方、そして大人の色気を求める40代以上にオススメです。世界中のセレブに愛用されていますが、日本ではGacktさんが使われたことで有名です。

 

2  エルメス ヴォヤージュ・ドゥ・エルメス

エルメス」は1837年にティエリー・エルメスによって設立されたフランスの超高級ブランド。バッグ一つが百万円以上の値を付ける皮革製品界の頂点に君臨する会社になります。もともは馬具工房として始まりましたが、自動車の発展により、皮革製品事業にシフト。バッグなどで成功を納めると、その後は時計、装飾品の分野へも多角化し、1950年代には香水も開始。そしてフレグランスの分野でも人気ブランドの地位を確立しました。2020年ブランド価値ランキング・アパレル部門では第10位となっています。「ヴォヤージュ・ドゥ・エルメス」は、2010年に発売されたエルメスの人気フレグランス。レモンなどの爽やかなトップノートからフローラル、ウッディムスクへと変化し、上品で情熱的な香りとなっています。「ヴォヤージュ」というのは旅を意味し、旅行や発見、出会いの時の高揚感をイメージしています。市場価格は35ml入りで8千円台から。ユニセックスで女性からの評価の高い香りでもありますが、外国の空気を感じさせる40~50代男性の大人のおしゃれとしてオススメです。

 

3  グッチ ギルティ・ブラック・プールオム

グッチ」はグッチオ・グッチによって、1921年設立されたイタリアの高級ファッションブランド。バッグなどの皮革製品をはじめ、アパレル、宝飾品、時計、香水などを幅広く手掛けています。特に近年の躍進がめざましく、2020年ブランド価値ランキング・アパレル部門ではナイキに次いで2位、ブランド力ランキングでもロレックスに次いで2位。エルメス、ルイヴィトンを抜き高級ブランド界の覇者となり、フレグランスにおいても存在感を放っています。「ギルティ・ブラック・プールオム」の特徴は、フレッシュなラベンダーのトップノートからオレンジフラワワー、シダーウッドへの変化と、爽やかで情熱的な香り。年齢を重ねても若々しく情熱的な男性をイメージした香水になります。清潔で嫌みがないと若い女性からの好感度も高く、30~50代男性の定番フレグランスとなっています。市場価格は50ml入りで6千円台から。グッチの中でも1,2位を争う売れ筋フレグランスになります。

 

4  クリスチャン・ディオール ファーレンハイト

クリスチャン・ディオール」は、1946年にクリスチャン・ディオールによって設立されたフランスのファッションブランド。高級注文服から革製品、宝飾品、時計、コスメ、香水と幅広く手掛けています。2020年ブランド価値ランキング・アパレル部門では12位。かなりの売上規模を誇る会社になります。60年代からメンズフレグランスを手掛けており、女性の好みを知り尽くした上品で繊細な香りに定評があります。「ファーレンハイト」の特徴は、フローラル系の爽やかで甘いトップノートから、スパイス系、レザーウッディへの変化。上品な甘さに落ち着いたウッディ系が加わり、男性的で官能的な大人の雰囲気を演出します。市場価格は50ml入りで6千円台から。クリスチャン・ディオールの中でも特に中高年に高い人気を持つ有名フレグランスになります。清潔で都会的な香りを求める40代以上の男性にオススメです。

 

5  ダンヒル ダンヒル

ダンヒル」は1880年にロンドンで創業したイギリスを代表する名門ファッションブランド。エルメス同様に馬具製造業として始まりますが、衣類、小物と多角化し、自動車普及を見越して自動車旅行用品にも参入しました。特に喫煙具とスーツが有名ですが、スーツはブリティッシュ・トラッドの最高峰として、戦前は日本の皇室御用達までも務めました。現在は、古き良き英国紳士の伝統を現在に伝える、正統派ブランドとして世界に認知されています。香水「ダンヒル」の特徴は、レモンとゼラニウムからウッディへと変化する、洗練された本物の紳士の香り。香水にブランド名「ダンヒル」を付けることでブランドコンセプト「ダンディズム」を表現しています。市場価格は75ml入りで4千円台から。社会的にしかるべき地位に着いた、スーツの似合う40~60代の本物の紳士にオススメです。

 

2020年ブランド価値ランキング・アパレル部門

順位 ブランド
1 ナイキ アメリカ
2 グッチ イタリア
3 アディダス ドイツ
4 ルイヴィトン フランス
5 カルティエ フランス
6 ザーラ スペイン
7 H&M スウェーデン
8 シャネル フランス
9 ユニクロ 日本
10 エルメス フランス
11 ロレックス スイス
12 ディオール フランス

出展:ブランドファイナンス社

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク