IWCムーンフェイズのススメ!究極の時計技術を詰めた大人のラグジュアリー!

IWC(アイダブリュシー)は、アメリカ生まれの時計職人「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」によって、1868年にスイス・シャフハウゼンに設立された時計メーカー。

アメリカの機械自動化とスイスの伝統技術の融合により、高品質時計の量産体制を築き、スイスを代表する時計会社になりました。

1930年代に本格的に腕時計の生産を始めると、数々の名作を世に残します。

1936年「パイロットウォッチ」
1939年「ポルトギーゼ」
1955年「インジュニア」
1967年「アクアタイマー」
1969年「ダ・ヴィンチ」
1984年「ポートフィノ」

以上の6つが、IWCの主要なラインナップとなっていますが、現在複数のラインから「ムーンフェイズ」を搭載した時計が発売されています。

今回はIWCの「ポートフィノ」「ポルトギーゼ」「ダ・ヴィンチ」から、異なるタイプの「ムーンフェイズ」搭載モデルをご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  ポートフィノ・オートマチック・ムーンフェイズ「IW459401」

ポートフィノ」とは、リグーリア海に面するイタリア北西部の風光明媚な高級リゾート地。東京ディズニーシーの「メディタレーニアンハーバー」のモデルとしても知られています。「ポートフィノ」は、この地中海の優雅で気品あるライフスタイルをイメージしたシリーズとして、1984年に誕生しました。
主な特徴は、ローマ・インデックスをあしらったクラシカルかつシンプルなデザインと、お手頃な値段。その無駄を削ぎ落としたシンプルで洗練されたデザイン故に、スーツとの相性がよく、フォーマルでの人気の高いシリーズになります。
IW459401」は、2019年発売の「ムーンフェイズ」を搭載した「ポートフィノ」。「ムーンフェイズ」とは、月の満ち欠けをダイヤル上に表示する機能のことで、大人の遊び心をくすぐるラグジュアリーな複雑機構になります。こちらのモデルの特徴は、「ムーンフェイズ」以外の複雑機構や高性能自社ムーブメントなどを一切搭載していないこと。ムーブメントはパワーリザーブ42時間の「キャリバー35800」。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」になります。
税込正規価格は775,500円で、市場価格は60万円台から。IWCの「ムーンフェイズ」搭載モデルとしては最も安価な部類になります。純粋に「ムーンフェイズ」のみを楽しみたいIWCファンにオススメです。

 

2  ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ「IW516401」

IW516401」も、「ポートフィノ」の「ムーンフェイズ」搭載モデル。発売は2017年で、こちらはややグレードが上がります。主な特徴は、超ロングリザーブ・ムーブメントと「パワーリザーブ・インジケーター(9時)」、そして「スモールセコンド秒針(6時)」の搭載。IWCの自社開発ムーブメント「キャリバー59800」を採用していますが、パワーリザーブがなんと192時間。手動でゼンマイを巻き上げる「手巻き式」になりますが、最大で約8日間動き続ける計算になります。9時位置にあるのは、そのパワーリザーブ残高を示す「パワーリザーブ・インジケーター」。秒針が中央についた通常のタイプを「センターセコンド」というのに対し、このように秒針が独立したタイプを「スモールセコンド」と言います。歴史的に「センターセコンド」が主流となるのは割と最近であり、「スモールセコンド」はクラシック・タイプに分類されます。
税込正規価格は1,413,500円で、市場価格は110万円台から。超ロングリザーブの高性能自社ムーブメントを搭載しているため、上のモデルに比べてかなり値段が上がります。「ムーンフェイズ」に加え、「手巻き式」と「スモールセコンド秒針」というクラシカルを味わうこともできる時計です。最高性能の機械式と大人のラグジュアリーを楽しみたい方にオススメです。

3  ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・42「IW344203」

ポルトギーゼ」は、2人のポルトガル人から「高精度な大型腕時計」の注文を受けて、1939年に販売したことを始まりとするライン。この注文したポルトガル人に因んで「ポルトギーゼ」と名付けられましたが、一般向けに量産化されたのは1993年頃からになります。この「ポルトギーゼ」の特徴は、シンプルなアラビア数字とスリムなリーフ針、そして大型ケースにレイルウェイ分目盛り。針とインデックスを、ゴールド、シルバー、ブルー、などに統一することが多いのも特徴です。また、クロノグラフに加え、パーペチュアル・カレンダー、トゥールビヨン、ミニッツ・リピーター、などの複雑機構搭載モデルが多く、数百万~数千万円クラスの超高額時計の多いシリーズでもあります。
IW344203」は、2020年発売の「ムーンフェイズ」を搭載した「ポルトギーゼ」。日、曜日、月、を表示する「パーペチュアル(永久)・カレンダー」を搭載しており、これに「ムーンフェイズ」も組み込まれる形になっています。「パーペチュアル(永久)・カレンダー」とは、閏年ですら調整不要の半永久的に継続するカレンダーのことで、「時計三大複雑機構」に数えられます。「三大複雑機構」には「パーペチュアル・カレンダー」の他に、「トゥールビヨン」と「ミニッツ・リピーター」があり、一つでも搭載すると一気に値段が跳ね上がります。ムーブメントはパワーリザーブ60時間の「キャリバー82650」。摩耗に強いペラトン自動巻き機構を使用した自社ムーブメントになります。
税込正規価格は2,574,000円。これでも「三大複雑機構」の中ではかなり安い価格です。ですがここからは、庶民にはちょっと手がだせない「成功者の時計」になります。

4  ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ「IW392103」

ダ・ヴィンチ」は、ルネサンスの巨匠「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の名を冠することで、「美とテクノロジーの共存」を表現していると言われています。1969年にクォーツモデルとして誕生した「ダ・ヴィンチ」は、85年「パーペチュアル・カレンダー」を搭載した高級ラインとしてリニューアルされました。
IW392103」は、2017年発売の「ムーンフェイズ」を備えた「ダ・ヴィンチ」。こちらも「パーペチュアル・カレンダー」に組み込まれる形となっていますが、上の「ポルトギーゼ」モデルに対し、4桁西暦とクロノグラフ(ストップウォッチ機能)が追加されています。ムーブメントはパワーリザーブ68時間の「キャリバー89630」(自動巻き)。フライバック機能(すぐに次の計測を開始できるクロノグラフ機能)を備えた自社ムーブメントになります。
ケース素材にはステンレスを採用し、税込正規価格は3,718,000円。「ムーンフェイズ」の他にもIWCの技術が満載に詰め込まれた、超複雑機構時計になります。なおこの「ダ・ヴィンチ」からは、ステンレス・ケース以外の同じ機能を搭載したモデルが発売されており、18Kレッドゴールド・ケースが4,994,000円、プラチナ・ケースが6,853,000円、となっています。完全に成功者のみが手にすることを許される世界の時計です。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク