ロレックスは安い定番エクスプローラーⅠ,Ⅱから始めよう!

ロレックスは1905年創業のスイスの時計メーカー。

1926年の完全防水「オイスターケース」の実用化、31年の「自動巻き(パーペチュアル)」の発明、45年の「デイトジャスト」の発明。

ロレックスは、この「三大発明」によって実用時計の技術力を固めると、1950年代からは本格的にスポーツウォッチの開発に乗り出します。

その先駆けとなったシリーズが、53年の「エクスプローラー」「サブマリーナ」、54年の「GMTマスター」。

今回は、ロレックスの中でも、安価で定番、人気も高く歴史も古い、そして初心者向けの「エクスプローラーⅠ,Ⅱ」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

ロレックス エクスプローラーⅠ「Ref.114270」「Ref.214270」

エクスプローラー」は1953年に発表された、ロレックスのスポーツモデル。1953年、エドモンド・ヒラリー卿の世界初のエベレスト登頂の際にロレックスの「オイスターパーペチュアル」を着用してもらい、この時のデータを元に開発した時計が、冒険者の名を持つ「エクスプローラー」になります。厳密には「エクスプローラー」を着用していたわけではありませんが、世界的な快挙を支えたロレックスの技術力は世界中に宣伝され、一躍人気モデルとなりました。「エクスプローラー」の特徴は、過酷な環境下でも正確な時刻を把握できるシンプルなデザインと堅牢性、そして高い精度。日付表示機能もなく、まさに陸の冒険者が求める「時を告げる」機能だけに特化した時計でした。登場以来マイナーチェンジを繰り返しながらもデザインはほぼ変えず、ロレックスの定番として不動の人気を確立しました。「エクスプローラーⅠ」は著名人の愛用者の多い時計でもあります。海外では、トムハンクスさん、オーランドブルームさん、マット・デイモンさん。国内では、所ジョージさん、亀梨和也さん、中居正広さんらが愛用。ドラマでは木村拓也さんや大野智さんらが着用されました。特にジャニーズの方に人気が高いようです。
上の「Ref.114270」は2001年発売の「エクスプローラーⅠ」旧モデル。ムーブメントはパワーリザーブ48時間のCal.3130(機械式自動巻き)。ケースサイズは36mm。3,6,9のアラビアインデックスを採用し、夜光は緑のルミノバ。文字盤は黒のみで、日付表示機能はありません。正規価格49万円に対し、市場価格は60万円台から。
下の「Ref.214270」は2010年発売の「エクスプローラーⅠ」。ムーブメントはパワーリザーブ48時間のCal.3132(時計を外しても約2日間ほど動き続けることを意味します)。ケースは36mmから39mmへ拡大され、夜光は緑のルミノバから青のクロマライトへ変更。税込正規価格は687,500円と20万円近く値上がりし、市場価格は90万円台から。
基本性能に大きな違いありませんが、モデルを一つ古くすると、かなり安く購入できることになります。特にこだわりが無いのであれば、旧モデルも検討してみてください。どちらもスーツとの相性はいいです。ロレックスの定番を求める方、時計に複雑な機能よりもステータスを求める方にオススメです。特に、初めてロレックスを購入される方に人気があります。

ロレックス エクスプローラーⅡ「Ref.16570」「Ref.216570」

エクスプローラーⅡ」は1972年に「エクスプローラー」から派生して誕生した上位モデル。「エクスプローラー」の人気に陰りが見え、そのマンネリを打ち破るために開発されました。「エクスプローラーⅠ」が登山用冒険者として登場したのに対し、「エクスプローラーⅡ」は洞窟探検者を想定したモデルとなります。「エクスプローラーⅡ」の特徴は、機能性とデザイン性。もう一つの都市の時刻を同時に表示できるGMT針(24時間針)と固定ベゼル、日付表示にリューズガードなどが追加されました。また他のロレックスシリーズと異なり、時代と共にデザインが微妙に変化し、モダンで独創的な外観となっています。多くの有名人に支持されており、海外では、ヘンリー王子、ジェイソン・ステイサムさん。国内では、徳井義実さん、武田真治さん、エグザイル・タカヒロさんらが愛用されています。こちらもイケメンに人気があります。
Ref.16570」は2000年発売の「エクスプローラーⅡ」旧モデル。ムーブメントはパワーリザーブ48時間のCal.3186。ケースサイズは40mmで、文字盤は黒と白の2パターン。インデックスの夜光は緑のルミノバを採用し、GMT針は赤となっています。正規価格55万円に対し、市場価格は70万円台から。
Ref.216570」は2011年発売の「エクスプローラーⅡ」。ムーブメントはパワーリザーブ48時間のCal.3187。こちらもケースは40mmから42mmへと拡大。文字盤上の「EXPLORERⅡ」の記載とGMT針がオレンジ色に変更されました。インデックスの夜光も「エクスプローラーⅠ」同様に、緑のルミノバから青のクロマライトへ変更。こちらも文字盤は黒と白の2パターンになります。税込正規価格875,600円と30万円程値上がりし、市場価格は新品で110万円台、中古で90万円台から。
こちらも基本性能に大きな違いはなく、モデルを古くするとかなり安く購入できることになります。特にこだわりが無いのであれば、旧モデルの検討価値は十分あります。「エクスプローラーⅡ」は確かに人気は高いですが、GMT針による2ヵ国時刻表示機能、日付表示機能などがいらないのであれば、より安く購入できる「エクスプローラーⅠ」の方がオススメです。敢えて違いを挙げると、よりフォーマルで定番、ロレックス入門者向けが「エクスプローラーⅠ」。少しカジュアルで個性派、ステータス+デザイン性を求める人向けが「エクスプローラーⅡ」。と言えるのかもしれません。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク