上品で知的な女性に絶対似合う!IWCリトル・ダ・ヴィンチのススメ!

IWC(アイダブリュシー)は、アメリカ生まれの時計職人「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」によって、1868年にスイス・シャフハウゼンに設立された時計メーカー。

アメリカの機械自動化とスイスの伝統技術の融合により、高品質時計の量産体制を築き、スイスを代表する時計会社になりました。

1930年代に本格的に腕時計の生産を始めると、数々の名作を世に残します。

1936年「パイロットウォッチ」
1939年「ポルトギーゼ」
1955年「インジュニア」
1967年「アクアタイマー」
1969年「ダ・ヴィンチ
1984年「ポートフィノ」

1969年にクォーツモデルとして誕生した「ダ・ヴィンチ」は、85年にパーペチュアルカレンダー搭載モデルとしてリニューアルし、大成功を収めます。

その後も大きく変容し、現在ではレディースモデルも展開しています。

この「ダ・ヴィンチ」のレディースの旧作「リトル・ダ・ヴィンチ」から、知的で上品な大人の女性によく似合う時計をご紹介します。

スポンサードリンク

 

ダ・ヴィンチとは

ダ・ヴィンチ」とはルネサンスの巨匠「レオナルド・ダ・ヴィンチ」のこと。画家、彫刻家、建築家、エンジニアとしてルネサンス最高の才能を発揮した万能の天才の名を冠することで、「美とテクノロジーの高次元での共存」を表現しているそうです。1969年にクォーツモデルとして誕生した「ダ・ヴィンチ」は、1985年「パーペチュアル・(永久)カレンダー」を搭載した高級ラインとしてリニューアルされます。IWCはこの「パーペチュアル・カレンダー」搭載モデルを、当時では破格の200万円で販売し業界に激震をもたらしました。その後の「ダ・ヴィンチ」は、時代の流れと共に変容していくことになります。「ダ・ヴィンチ」人気に陰りが見えた2000年からは、レディース・モデル「リトル・ダ・ヴィンチ」や希少価値の高い限定モデルをリリース。スポーツウォッチのニーズが高まった2007年からは、クロノグラフを搭載したスポーツウォッチ・モデルを販売。高性能自社ムーブメントを、丸と四角の中間的な「トノー(樽)型ケース」に搭載し、デザインの刷新を図りました。しかし2017年、フルモデルチェンジを行い元の丸型ケースに変更。IWC本来のクラシカルで高級感を追求したラインへと回帰することになりました。このように時代と共に大きく変容したことが「ダ・ヴィンチ」の特徴になります。

 

1  リトル・ダ・ヴィンチ・クォーツ「IWC373614」

IWC373614」は2000年から生産された「ダ・ヴィンチ」のレディースライン「リトル・ダ・ヴィンチ」。現在生産終了となったモデルになります。主な特徴は、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)と「ムーンフェイズ」の搭載、そしてクォーツムーブメント。「ムーンフェイズ」とは、月の満ち欠けをダイヤル上に表示する機能のこと。上品な複雑機構で大人の遊び心をくすぐります。
市場価格は30万円台から。IWCでは珍しいクォーツムーブメントを採用しているため、クロノグラフとムーンフェイズという複雑機構を搭載していながらも、お手頃価格となっています。大人のラグジュアリーを楽しみたい方にオススメです。

 

2  リトル・ダ・ヴィンチ・クォーツ「IW373603」

IW373603」も、2000年から販売された「ダ・ヴィンチ」のレディースライン「リトル・ダ・ヴィンチ」。こちらは白文字盤で、生産終了モデルになります。こちらもクロノグラフと「ムーンフェイズ」の複雑機構を搭載していますが、クォーツムーブメントの採用によりお手頃価格となっています。レオナルド・ダ・ヴィンチのような、知性と美を愛する大人の女性によく似合います。

 

3  リトル・ダ・ヴィンチ・クォーツ「IW373601」

IW373601」も、レディース用の「リトル・ダ・ヴィンチ」の白文字盤タイプ。こちらもクロノグラフと「ムーンフェイズ」を搭載したクォーツモデルになりますが、ケースにイエローゴールドを採用しているため、値段は少し高めとなっています。こちらはプラスアルファの華やかさを求める方にオススメです。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク