ゆとりある40代によく似合う!オメガ・シーマスター・メンズ時計3選!

オメガは、1848年に時計師ルイ・ブランによって設立されたスイスの高級時計メーカー。

精度と自社一貫生産により世界トップクラスの技術力を確立し、世界初のミニッツリピーター付き時計や量産型キャリバーの製造に成功します。

1894年には高精度ムーブメントを開発し、ギリシャ・アルファベットの最後の文字をとり、「究極」の意味を込めて「オメガ」と命名。

これが後にブランド名となります。

現在の「オメガ」の代表的なコレクションは4つ。
①スピードマスター
②シーマスター
③デヴィル
④コンステレーション

今回は②シーマスターについて、ゆとりある40代によく似合うメンズウォッチを3つご紹介します。

スポンサードリンク

 

シーマスターとは

キャリバーの技術力を買われた「オメガ」は、イギリス軍から防水時計の製造を依頼されます。これを受けて1932年、オメガはダイバーズウォッチ「マリーン」を製造。ウィリアム・ビービは、これを付けて世界初の有人海底調査を行ったとされています。終戦後の1948年、この「マリーン」が市販用に改良され、「シーマスター」として販売されました。当時はまだ不完全な防水性能でしたが、1957年には本格的ダイバーズウォッチ「シーマスター300」をリリース。更にこの年スピードマスター、レイルマスター、シーマスターの「マスター三兄弟体制」を整え、スポーツウォッチラインを整備します。その後「シーマスター」は、70年の地底探査ヤヌス計画での「プロプロフ(シーマスター・プロフェッショナル600)」の使用、81年のジャック・マイヨール(グラン・ブルーのモデル)による素潜り世界記録(101m)達成での「シーマスター120」の使用、など数々の歴史的偉業に立ち会いました。93年に「シーマスター・ダイバー300M」をリリースすると、95年には「007ゴールデンアイ」でジェームズ・ボンドが「シーマスター」を着用。以降全ての作品に「シーマスター」が使用され、ジェームズ・ボンド・ウォッチとしての地位を確立し、オメガの看板モデルとなりました。2003年には「アクアテラ」「アプネマイヨール」、2005には「プラネットオーシャン」が誕生します。
「シーマスター」は有名人の愛用者の多い時計でもあります。 海外ではウィリアム王子、クリントン元大統領、ダニエル・クレイグさん、ジョージ・クルーニーさん。 国内では香川照之さん、 オダギリ・ジョーさん、須藤元気さん、松田丈志さんらが愛用されています。

 

1  シーマスター300 マスター・コーアクシャル「233.30.41.21.01.001」

233.30.41.21.01.001」は、2014年発売の「シーマスター300」。ムーブメントはパワーリザーブ60時間の「マスター・コーアクシャルCal.8400(自動巻き)」。ケースは41mmで300m防水。初代「シーマスター」を現代的にリファインしたヴィンテージ風の色合いが特徴です。「コーアクシャル」とは、1999年にオメガが量産化に成功した耐久性に優れるムーブメントのこと。通常3~5年のオーバーホール周期が5~10年程に延長され、メンテナンス費用削減が期待されています。「マスター・コーアクシャル」とは、この「コーアクシャル」に対磁力性を強化した超高精度ムーブメントのこと(2014年登場)。15,000ガウスの対磁力性を持つとされますが、普通に生活する限りほぼ必要とされません。
税込正規価格748,000円に対し、市場価格は50万円台から。「シーマスター300」は、人気が高く安定して高値で取引されているため、要らなくなった時、高値で現金化しやすいのも魅力です。

2  シーマスター・ダイバー300M コーアクシャル・マスター・クロノメーター「210.30.42.20.01.001」

210.30.42.20.01.001」は、2018年発売の「シーマスター・ダイバー300M」。1993年の登場以来高い人気を誇るシリーズになります。ムーブメントはパワーリザーブ55時間のCal.8800(自動巻き)。「マスター・クロノメーター」とは、コーアクシャル搭載モデルの性能を評価するためのテストのこと。対磁力性、精度、防水性などについて、クロノメーター検定協会(C.O.S.C)とスイス連邦計量・認定局(METAS)のテストをクリアした、超対磁性ムーブメントだけが「マスター・クロノメーター」の認定を得られます。いくつかのカラーの文字盤がありますが、一番人気は定番のブラック。「007」とスポンサー契約を結んでいるため、ジェームズ・ボンドはオメガの時計を使うことになっていますが、最も使用される時計がこの「シーマスター・ダイバー300M」。現在「シーマスター」を代表するシリーズとなっています。税込正規価格616,000円に対し、市場価格は40万円台から。

3  シーマスター・アクアテラ コーアクシャル・マスター・クロノメーター「220.10.41.21.03.001」

220.10.41.21.03.001」は、2017年に発売さてた「シーマスター・アクアテラ」。「アクアテラ」は、ジャック・マイヨール愛用の「シーマスター120(1981年登場)」の後継として、2003年に誕生したモデルになります。ムーブメントはパワーリザーブ60時間のCal.8900(自動巻き)。こちらも「コーアクシャル(耐久性)」「マスター・クロノメーター(対磁力性)」認定。日付表示機能にシースルーバックを採用。ケース41mmで150m防水。「アクアテラ」の特徴は、逆回転防止ベゼルや分厚いケースなどのダイバーズウォッチ的要素を省いたスポーティかつエレガントなデザイン。文字盤にはウッドデッキのような横ストライプが描かれ、木材のような有機的な印象となっています。高級ブランドですが嫌みがなく、ビジネスの場も好まれます。税込正規価格671,000円に対し、市場価格は40万円台から。

スポンサードリンク