ワンランク上の男に似合うオメガ・コンステレーションの時計4選!

オメガは、1848年創業のスイスの時計メーカー。

創業者「ルイ・ブラン」の精度への高い情熱を受け継いだ「ブラン兄弟」によって、高度な技術力を築きあげると、量産型キャリバー「ラブラドール」や世界初の「ミニッツリピーター付き時計」の製造に成功。

世界トップクラスの技術として、時計業界で非常に高い評価を受けました。

1894年には、部品を簡単に取り替えられる革新的なキャリバーを生み出し、究極を意味する「オメガ」と命名。

この「オメガ」ムーブメントの大成功をきっかけに、1903年社名を「オメガ」に変更しました。

現在、世界屈指の技術力を持つ時計メーカーとして、ロレックスに次ぐポジションに君臨しています。

「オメガ」のコレクションは主に4つから構成されています。
①スピードマスター
②シーマスター
③デビル
④コンステレーション

今回は④「コンステレーション」から、ワンランク上の男に似合うメンズウォッチ4本ご紹介します。

スポンサードリンク

 

コンステレーションとは

コンステレーション」は、1952年に誕生したオメガ初の自動巻き時計ライン。英語で星座を表す「コンステレーション」は、古代から時の象徴とされてきました。オメガは20世紀中盤、ジュネーブ天文台において精度における8つの記録を達成します。「コンステレーション」は、この成果に対するオマージュとして作られたシリーズになります。この「コンステレーション」の特徴は、裏蓋に刻まれた天文台と8つの星、文字盤6時に印された星、そしてクロノメーター認定(クロノメーター検定協会の(C.O.S.C)による精度テスト)の高い精度。精度への究極の追求をコンセプトとしたシリーズと言えます。しかし、1969年にクォーツ時計が登場すると精度への追求が形骸化し、デザイン面のブラッシュアップへと戦略を変更していくことになります。
1952年の登場依頼、この「コンステレーション」には様々なモデルが登場し、時代とともにデザインを大きく変えました。67年にはデイト(日付表示)付きの「Cライン」、74年にはクォーツを取り入れた「メガクォーツ」、82年にはベゼルとガラスを固定する4つの爪(ダブルイーグル)がついた「マンハッタン」、が登場。この4つの爪は、更にスポーティで高級感のあるデザインへブラッシュアップされ、現在へと受け継がれます。現在の「コンステレーション」は、3種類のケースサイズに分類される他、素材やカラー、ムーブメントも複数存在します。税込正規価格も下は30万円台から上は400万円超にまで及び、バリエーション豊かなシリーズとなっています。。

1  コンステレーション・コーアクシャル・38MM「123.20.38.21.02.002」

123.20.38.21.02.002」は、2012年発売の「コンステレーション」。ムーブメントはパワーリザーブ60時間のコーアクシャルCal.8500。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」で、裏側からムーブメントを眺められる「シースルーバック」を採用しています。「コーアクシャル」とは、1999年にオメガが量産化に成功した耐久性に優れるムーブメントのこと。通常3~5年周期のオーバーホールが5~10年に延長され、メンテナンス費用削減が期待できます。「クロノメーター」とは、クロノメーター検定協会(C.O.S.C)の厳しい精度検査をクリアした時計に与えられる認定のことで、こちらのモデルはこの「クロノメーター」認定を受けています。ベゼルには、現在の「コンステレーション」の特徴である4つの爪とローマ数字が刻まれており、素材は18金イエローゴールドを採用。上品で高級感のあるワンランク上の「オメガ」ウォッチとなっています。市場価格は60万円台から。

2  コンステレーション・クォーツ・35MM「123.10.35.60.01.001」

123.10.35.60.01.001」は、2011年発売の「コンステレーション」。キャリバーは「オメガ1532」というクォーツ・ムーブメント。ケースは35mm。こちらもベゼルに4つの爪とローマ数字が刻まれた、現在の「コンステレーション」のデザインを持つモデルですが、最大の特徴はお手頃な価格になります。税込正規価格308,000円に対し、市場価格は20万円前後で、中古であれば10万円台半ばから。「オメガ」でクォーツ・ムーブメントというのは珍しいですが、機械式に比べるとかなり安くなります。メンテナンスにもお金がかかりません。できるだけ安く「オメガ」を手に入れたい方、または予算に余裕のない20代にオススメの時計です。

3  コンステレーション・Cライン

こちらは1967年に誕生した「Cライン」と呼ばれるシリーズ。「コンステレーション」初期の古いモデルで、現在は生産終了となっています。現在のデザインの面影はありませんが、裏蓋の天文台と8つの星、そして6時位置の星は健在。実はこの「Cライン」、オーデマピゲのロイヤルオーク(72年)やパティックフィリップのノーチラス(76年)を手掛けた、天才時計デザイナー「ジェラルド・ジェンタ氏」がデザインしたモデルになります。そのためアンティーク・オメガとして人気があります。状態にもよりますが、市場価格は10万円台から。

 

4  コンステレーション・コーアクシャル・マスター・クロノメーター・41MM「131.63.41.21.01.001」

出典:オメガ

131.63.41.21.01.001」は、2020年発売の「コンステレーション」。ムーブメントは、パワーリザーブ60時間の「マスター・クロノメーター」認定を受けた「コーアクシャルCal.8901(自動巻き)」。耐久性に優れる「コーアクシャル」ムーブメントに、対磁力性を強化したムーブメントを「マスター・コーアクシャル」と言います(2014年オメガ開発)。更に対磁力性や精度について、クロノメーター検定協会(C.O.S.C)とスイス連邦計量・認定局(METAS)のテストをクリアすると「マスター・クロノメーター」の認定が受けられます。こちらのモデルは、その「マスター・クロノメーター」の認定を受けた超高対磁性能を備えたムーブメントを搭載。ケース素材はイエローゴールドを採用。税込正規価格は2,409,000円。中身(性能)、外観(デザイン)、素材(ゴールド)、に最高のものを取り揃えた、「コンステレーション」の中でも最上位クラスのモデルになります。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク