国際派の50代に絶対似合う!ブライトリング・トランスオーシャンのメンズ時計3選!

ブライトリングは、パイロットウォッチやクロノグラフを主力とするスイスの時計メーカー。

早くから航空産業と密接に結びつき、発展してきた歴史的経緯もあり、現在ブライトリングには「空」をテーマにしたラインが複数存在しています。

このブライトリングの中でも、特に「空の旅」をテーマにしたラインが「トランスオーシャン」。

今回はこの「トランスオーシャン」について、国際派の50代によく似合うメンズウォッチを3本ご紹介します。

スポンサードリンク

 

トランスオーシャンとは

トランスオーシャン」は、1958年に誕生した「快適なファーストクラスでの空の旅」をテーマとする、クラシック・エレガント・コレクション。現在のこのシリーズは、大きく2つに分かれます。一つは、1950年代の美しいクロノグラフ(ストップウォッチ機能)を復刻したクラシックなモデル。中身はブライトリングの最新キャリバーを搭載したものになります。もう一つは、文字盤を4つに分ける十字ラインが特徴のデイデイト(日付曜日表示)。ロレックスのデイデイト同様に、曜日がフルスペルで12時位置に表示されるのが特徴です。
「ブライトリング・トランスオーシャン」は有名人にも人気があります。海外では、デイビッド・ベッカムさん、国内では、ケンドー・コバヤシさん、葛西紀明さん、などが愛用されたことが知られています。ドラマでは、「ミスパイロット」で、斎藤工さんが着用されました。特に40~50代の中高年に人気の高いシリーズになります。

 

1  トランスオーシャン・デイデイト「A451G51KBA」

トランスオーシャン・デイデイト」は、1950~60年代に生産されていた「トランスオーシャン」に、現代のアレンジを加えて復刻したモデル。大きな特徴は、当時のレーダー画面を再現したとされる文字盤を4つに分ける十字ラインと、12時にフルスペルで曜日を表示するデイデイト機能。シンプルで上品な中に、ブライトリングのクラシックな雰囲気を感じられるデザインとなっています。
A451G51KBA」は、2014年に発売された「トランスオーシャン・デイデイト」。ムーブメントはパワーリザーブ72時間を誇るキャリバー45。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」になります。防水性能は100m。税込正規価格は561,000円で、市場価格は30万円台から。品格あるブライトリングの「空の時計」は、国際派の50代によく似合います。

2  トランスオーシャン・クロノグラフ・リミテッド「S015C60OCA」

トランスオーシャン・クロノグラフ・リミテッド」「S015C60OCA」は、1950年代の古き良き時代のクロノグラフを現代に再現したモデル。ブライトリングのクラシックを感じられるデザインが特徴です。防水性能は100mで、限定2,000本。ムーブメントは自社ムーブメントの「キャリバーB01」。「キャリバーB01」の特徴は、高精度、高耐磁性、そして70時間のロングリザーブ(時計を外しても3日ほど動き続ける計算になります)。更に耐久性も高く、メンテナンスも容易といったメリットもあり、ブライトリングの技術を結集した渾身のムーブメントと言われています。
税込正規価格は957,000円で、市場価格は50万円台から。限定モデルで流通量が少ないため、他人と被りたくない人にオススメです。

3  トランスオーシャン・クロノグラフ・ユニタイム「R050B63WBD」

こちらも1950年代の美しいクロノグラフを現代に甦らせたモデル。この「ユニタイム」の特徴は、外周に記載された世界24ヵ国の時刻をワンタッチで表示できるワールドタイム機能。パワーリザーブ70時間の自社ムーブメント・キャリバー05を搭載。気品漂うクラシックの中には、ブライトリングの最新技術が詰め込まれています。ケースには18Kレッドゴールドを採用。税込正規価格は3,168,000円で、市場価格も同程度。最新技術とレア素材の採用により、お値段はかなり高額になります。資産に余裕のある本物の成功者にふさわしい時計です。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク