プルミエのススメ!ブライトリングのクラシックエレガントウォッチ!

ブライトリングは、クロノグラフやパイロットウォッチを主力とするスイスの時計メーカー。

1884年の創業以来、早期から航空業界と密接に結びつき、親子3代に渡ってパイロットウォッチの開発に尽力し、世界的な評価を獲得しました。

そのような経緯もあり、現在ブライトリングのコレクションは、「空」をテーマとしたものが大半を占めます。

しかし中には、「海」や「陸」をテーマにしたシリーズや、「エレガンス」を追求したモデルも存在します。

今回は、空のブライトリングには異色なシリーズ、「陸」の「エレガンス」ウォッチ「プルミエ」をご紹介します。

スポンサードリンク

 

プルミエとは

プルミエ」は、ブライトリングのクラシックでエレガントなライン。2018年に登場した新しいシリーズになります。もともとは創業者の孫「ウィリー・ブライトリング」が、戦争の時代に少しでも人々にエレガンスや贅沢を感じられる製品を届けようとして、1943年に販売した「プルミエ」が始まりになります。そして、当時の「プルミエ」のエレガントなデザインからインスピレーションを受け、現在に再現したモデルが、新しい「プルミエ」コレクション。「空」の「ナビタイマー」、「海」の「スーパーオーシャン」、そして「陸」の「プルミエ」、という位置付けとなります。この新しい「プルミエ」には、最新自社ムーブメント搭載モデルなど、5つのシリーズが存在します。

 

1  ブライトリング・プルミエB01・クロノグラフ42・ベントレー・センテナリー・リミテッドエディション「AB01181A1Q1X12」

ベントレー・センテナリー・リミテッド・エディション」は、2019年発売の「ベントレー」限定モデル(1000本)。「ベントレー」とは英国の高級自動車メーカーのことで、ブライトリングがパートナーシップを結んでいる会社になります。これまで「BREITLING for BENTLEY」というネームでコラボウォッチを制作していましたが、今後は独立シリーズではなく、各モデルからベントレーモデルが登場します。今回は「プルミエ」から販売されました。このモデルの大きな特徴は、文字盤素材と裏側のベントレーロゴ。文字盤に木材を使用することで、高級車ベントレーのダッシュボードを再現しています。ムーブメントは2009年に自社開発した「キャリバーB01」。「キャリバーB01」の特徴は、高精度、高耐磁性、そしてパワーリザーブ70時間のロングリザーブ(時計を外しても3日間程動き続けます)。更にメンテナンスも容易で壊れにくいといったメリットもあり、ブライトリングの技術を結集した屈指のムーブメントと言われています。税込正規価格は1,182,500円で、市場価格は90万円台から。

2  プルミエ・クロノグラフ42「A117C-1NAA」

プルミエ・クロノグラフ42」も、クラシックでエレガントなデザインを受け継ぐ「プルミエ」のクロノグラフ。上の「ベントレー」モデルとの違いは、搭載しているムーブメントとインダイヤルの配置、そして値段。「ベントレー」モデルが渾身の自社ムーブメント「キャリバー01」を搭載したのに対し、こちらはパワーリザーブ48時間の「キャリバー13 」。インダイヤルも、12時に30分積算計、6時に12時間積算計、そして9時にスモールセコンド秒針と、縦目クロノグラフになっています。
税込正規価格は、「ベントレー」の1,182,500円に対し、こちらは704,000円(市場価格は40万円台から)。40万円以上安くお買い得な「プルミエ」となっています。なお、このページで紹介する時計は、全て着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプになります。

3  プルミエ・オートマチック40「A377B-1NAA」

プルミエ・オートマチック40」は、ブライトリングを象徴するクロノグラフがないモデル。6時のインダイヤルは秒針を表示する「スモールセコンド」。秒針が中央に付いた通常の時計を「センターセコンド」と言うのに対し、このように秒針が独立したタイプを「スモールセコンド」と言います。歴史上「センターセコンド」が主流となるのは割と最近であり、「スモールセコンド」はいわゆる「クラシック」タイプ。こちらの「スモールセコンド」モデルは、現在の「プルミエ」コレクションの中でも、最も1940年代のクラシックを反映していると言われています。ムーブメントはパワーリザーブ40時間の「キャリバー37」。ブライトリングの時計は、現在全て高精度を保証する「クロノメーター」の厳しい審査をクリアしているため、精度に関しては申し分ありません。
税込正規価格は484,000円で、市場価格は30万円台から。お値段もこのコレクションでは最も安価な部類で、お買い得となっています。なお、商品名の横についている「40,42」などの数字は、ケースサイズを表します(40m,42m)。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク