安くて人気も高い!ブライトリングの定番神時計3選!

ブライトリングはパイロットウォッチやクロノグラフを主力とするスイスの時計メーカー。

世界的な高級ブランドとして知られています。

当然値段も高く、市場価格は40万円超が当たり前となりますが、中には比較的お手頃価格で購入できるモデルも存在します。

一般に時計は、クロノグラフ・モデルになると高くなり、高性能自社ムーブメントを搭載すると更に高額になります。

逆に余計な機能を削ぎ落とすほど安くなり、クォーツムーブメント・モデルになると更に安価になります。

今回は、ブライトリングの定番シリーズから、シンプルで安いけれど人気も高い時計を3本ご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  コルト・スカイレーサー「X720B87YPX」

コルト」は、軍用パイロットウォッチを元に作られたスポーツウォッチ・コレクションで、ブライトリングの廉価ライン。ブライトリングの象徴とも言えるクロノグラフ搭載モデルが少なく、クォーツムーブメント・モデルが多いのが特徴です。
コルト・スカイレーサー・X720B87YPX」は、2017年に誕生したクォーツムーブメント・モデル。「スカイレーサー」の名前は、レッドブル・エアレースにおいて、ブライトリング・レーシングチームが使用する飛行機「MXS-Rスカイレーサー」に由来します。ブライトリングではクォーツムーブメントは少数派になりますが、こちらのモデルは通常のクォーツの10倍の精度を誇る「スーパー・クォーツ」を搭載しています。また、ケースにはステンレスの1/6、チタンの1/3、という超軽量素材を採用し、軽量化とコストダウンを図っています。防水性能は100m。税込正規価格は275,000円で、市場価格は10万円台後半から。ブライトリング全体でも最も安価な部類になり、人気も高いモデルになります。

2  コルト・オートマチック「A167B-1KBA」

コルト・オートマチック・A167B-1KBA」も、ブライトリングの廉価ライン「コルト」コレクションになりますが、こちらは着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプ。ムーブメントはパワーリザーブ40時間の「キャリバー17」。現在ブライトリングは、クォーツを含め全ての時計が高精度を保証する「クロノメーター」認定を受けているため、精度に関しては申し分ありません。上の「スカイレーサー」にも共通しますが、「コルト」はあくまでパイロットウォッチになりますので、ベゼルにはグローブを着けたまま操作するための4つの突起「ライダータブ」が備えられています。防水性能は200m。税込正規価格は352,000円で、市場価格は20万円台前半から。「機械式自動巻き」なので「クォーツ」より高くなりますが、クロノグラフがなくレザーベルトを採用しているため、かなりお手頃な価格となっています。

3  スーパーオーシャンⅡ・42・ボルケーノブラック「A182B67PSS」

スーパーオーシャン」は、1957年に誕生したブライトリングのダイバーズウォッチ・ライン。パイロットウォッチのイメージが強すぎて霞がちですが、発売当初から非常に高い防水性能を有しており、オメガの「シーマスター」にも劣らない名機とも言われます。登場以来、堅牢性と品格を備えたダイバーズウォッチとしてモデルチェンジを繰り返し、2010年に発売されたモデルがこちらの「スーパーオーシャンⅡ」。
スーパーオーシャンⅡ・42・ボルケーノブラック・A182B67PSS」は、防水性能500mを誇る海底探査のプロ向けのダイバーズウォッチ。ムーブメントはこちらもパワーリザーブ40時間の「キャリバー17」。税込正規価格は451,000円で、市場価格は20万円台後半から。「スーパーオーシャン」はブライトリングを代表する定番シリーズの一つになりますが、こちらのモデルはクロノグラフがなく、最新自社ムーブメントでもないため、お求め易い価格となっています。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク