シチズン・アウトレット時計福袋の中身ネタバレ!【最高額は44万円の永久カレンダー!】

現在日本国内における国産時計メーカーのシェアは、セイコー・シチズン・カシオだけで95%以上を占め寡占状態にあります。
 
現在のこの3社の特徴は概ね次の通り。
 
クォーツ時計の生みの親だが近年は機械式・高価格帯時計の生産に注力し、海外からの評価が高い「セイコー」。アジアと欧州で強い。
 
エコドライブ・電波ソーラーを中心にデザイン性と機能性を併せ持つハイスペックな中価格帯時計に注力するシチズン」。国内と北米で強い。
 
デザインよりも機能性と利便性。大量生産のデジタル時計で低価格帯に注力するカシオ」。国内のシェアは1位。
 
 
今回はこのうち「シチズン」が2023年にアウトレット御殿場店で販売した福袋の中身についてまとめてみたいと思います
 
なおセイコーとカシオのアウトレット福袋についてもまとめてありますので、興味のある方はこちらもどうぞ。
 
 
スポンサードリンク
 
 

シチズンの福袋の中身!

シチズンさんの福袋は撮影不可だったので把握できた型番のみをご紹介します。ちなみにシチズンの福袋は中身が時計一本のみで、完全に中身を確認した上で購入できる福袋です。これのどこが福袋なのかやや疑問なのですが……とりあえず「福袋」ということにしておきましょう。把握できた型番はこちら。
 
1 BM7430-89A(エコドライブ)
2 AT2470-85E(エコドライブ)
3 CA0745-29E(エコドライブ)
4 CB0220-85L(エコドライブ・電波)
5 CB0225-14E(エコドライブ・電波)
6 CB0260-81A(エコドライブ・電波)
7  FC-310MB4S36(メカニカル)
8 FC-310MB4S6B(メカニカル)
9 FC-775V4S4(メカニカル)
 
値段や特徴を簡単に確認してみたいと思います。
 
スポンサードリンク
 
 

エコドライブ・タイプ「1〜6 」

エコドライブ」というのは文字盤とソーラーセルを使ったソーラー発電システムで、室内のわずかな光をも電気に変えて時計を動かし続けるシチズンの独自技術のこと。つまり光さえあれば室内に置いたままでも半永久的に動き続ける時計になります。1976年の誕生以降、機能性とコスパを重視するシチズンの主力となっています。全て「クォーツ時計」になりますが、今回の福袋で言うと「1〜6 」がこのタイプ。さらに標準電波の受信により自動的に時刻を修正する機能を搭載した時計を一般に「電波ソーラー」などと言います。要するに標準電波と光の届く限り、電池交換も時刻修正も半永久的に不要な時計ということ。対象エリアは日米欧中。今回の福袋で言うと「4,5,6」がこの「電波ソーラー(エコドライブ・電波)」タイプになります。
※値段は自信ありません。違っていたらごめんなさい。
 
 
 
1 BM7430-89A(エコドライブ)
税込正規価格49500円
福袋価格(税込)22000円
 
 
2 AT2470-85E(エコドライブ)
画像なし
税込正規価格49500円
福袋価格(税込)22000円
 
 
3 CA0745-29E(エコドライブ)
税込正規価格47300円
福袋価格(税込)16500円
 
 
4 CB0220-85L(エコドライブ・電波)
税込正規価格55000円
福袋価格(税込)27500円
 
 
5 CB0225-14E(エコドライブ・電波)
税込正規価格55000円
福袋価格(税込)27500円
 
 
6 CB0260-81A(エコドライブ・電波)
画像なし
税込正規価格55000円
福袋価格(税込)27500円
 
 
 
 

メカニカル・タイプ「7 〜9」

メカニカル」というのは「機械式(自動巻き)」のことで着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる時計のこと。こちらも電池交換不要で半永久的に動き続けますが、装着を止めるとすぐに止まってしまい(パワーリザーブによって異なりますが大体2日程)、また数年に一度オーバーホール(分解修理)をする必要があります。
したがってメンテナンスや精度の面では「ソーラー(クォーツ)」タイプに軍配が上がることになりますが、「機械式」でしか味わうことのできない魅力も沢山あり人気は根強いです。なお製造に手間暇がかかるため、一般的に「機械式」の方が高額になります。
 
今回の福袋では「7,8,9」が「機械式」になりますが、驚いたのが9の「FC-775V4S4」。このモデルはなんと「パーペチュアル(永久)カレンダー」を搭載しています。「永久カレンダー」というのは閏年ですら調整不要な半永久的に継続するカレンダーのこと。18世紀末に天才時計師「アブラアム・ルイ・ブレゲ」が発明したとされますが、機械式では非常に難易度が高く「時計三大複雑機構」の1つに数えられます。「時計三大複雑機構」には「永久カレンダー」の他に「トゥールビヨン」と「ミニッツ・リピーター」がありますが、1つでも搭載すると一気に値段が跳ね上がります。
 
…でもこれって普通福袋に入れますかね???税込正規価格1375000円の「FC-775V4S4が44万円の福袋として販売されていました。なかなかお目にかかることの出来ないサプライズ福袋です。
 
ちなみに今回福袋に入った「機械式」の時計は正確にはシチズンが製造したものではなく、2016年にシチズン傘下に入った「フレデリック・コンスタント(1988年創業)」というスイスの時計メーカーが製造したものになります。
 
 
 
7 FC-310MB4S36(メカニカル)
税込正規価格182600円
福袋価格(税込)55000円
 
 
8 FC-310MB4S6B(メカニカル)
税込正規価格204600円
福袋価格(税込)66000円
 
 
9 FC-775V4S4(メカニカル)
税込正規価格1375000円
福袋価格(税込)440000円
 
 
スポンサードリンク
 
 

まとめ

シチズン・アウトレット御殿場店では、これら以外にも多数の福袋をご用意されていました。
 
どれも中身を完全に把握した上で購入することができるため、これを本当に福袋と言えるのかは少し微妙なのですが、値引き率が優秀で元値(税込正規価格)の1/3ほどで購入できる商品もありました。
 
シチズンの時計は元々ハイスペックでコスパのよさに定評がありますので、お得度は申し分なさそうです。
 
 
 
今回特に驚いたのは何と言っても「永久カレンダー」の福袋。「三大複雑機構」入りの時計福袋を初めて見ました(笑)。3桁万円以上が当たり前の大人の贅沢です。
 
今回元値(1375000円)の1/3以下となっていましたが、それでも44万円です。さすがにこの金額になるとその場で購入を決断できる人も少ないと思いますが…夢があっていいですよね
 
興味のある方は「シチズン・アウトレット御殿場店」へ直接問い合わせてみてください。
TEL:0550-70-3772
 
 
 
ただ上には上がいて、同じく御殿場アウトレット・ヒルサイドに店舗を構えるセイコーさんは「アストロン限定モデル」の「100万円福袋」をやってました(笑)。更には「ガランテスプリングドライブモデル」の「50万円福袋」もやってましたね(笑)。アウトレットモールってこんな感じでしたっけ?
 
こちらも単品むき出しで袋にも入っていない商品に福袋と表記しているだけなのですが、驚かせてくれます。
 
 
 
ここ最近アウトレットの時計屋さんが、これまでにはない「異次元の福袋」を販売してくれているようです。
 
お正月は「三大複雑機構」「スプリングドライブ」クラスの高級時計を求めてアウトレットを探索してみるのも面白いかもしれませんね。
 
 
それではお元気で。
 
 
アウトレットに出店している他の時計屋さんも書いてみましたので、こちらも読んでみてください。おそらくアウトレットで購入できる時計ブランドとしては最も高額な部類になると思われます。
 
 
 
スポンサードリンク