IWCアクアタイマーはコスパと話題性の高い旧作時計を狙え!

IWC(アイダブリュシー)は、アメリカ生まれの時計職人「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」によって、1868年にスイス・シャフハウゼンに設立された時計メーカー。

アメリカの機械自動化とスイスの伝統技術の融合により、高品質時計の量産体制を築き、スイスを代表する時計会社になりました。

1930年代に本格的に腕時計の生産を始めると、数々の名作を世に残します。

1936年「パイロットウォッチ」
1939年「ポルトギーゼ」
1955年「インジュニア」
1967年「アクアタイマー
1970年「ダヴィンチ」
1984年「ポートフィノ」

IWCの定番と言えば「パイロットウォッチ」や「ポルトギーゼ」が有名ですが、ダイバーズウォッチ「アクアタイマー」もこれに次ぐ人気シリーズとなっています。

今回は、この「アクアタイマー」の少し古いモデルから、コスパと話題性の高い時計をご紹介します。

スポンサードリンク

 

アクアタイマーとは

アクアタイマー」は、1967年に発表されたIWCのダイバーズウォッチ・ライン。当初から200mもの防水性能と回転式ベゼルを有する高性能ダイバーズウォッチとして販売されました。この「アクアタイマー」最大の特徴が、インナー回転式ベゼル。通常のダイバーズウォッチであれば外にある回転式ベゼルを直接手動で操作しますが、「アクアタイマー」のベゼルは風防内にあり、リューズで操作する仕組みとなっています。これによりベゼルが傷から守られ、更に外観がスッキリし、他のダイバーズウォッチにはないスタイリッシュなフェイスとなっています。
「アクアタイマー」は時代と共に進化を重ね、様々なモデルが登場しました。防水性能は最大2,000mまで強化され、デザインもより洗練されたスポーティなものとなり、現在では「パイロットウォッチ」「ポルトギーゼ」に次ぐ人気シリーズとなっています。特に30~40代からの人気が高く、ビジネスシーンで着用される方が多いのも特徴です。
「アクアタイマー」は有名人の愛用者もいらっしゃいます。ジョー・マンガニエロさん、ケンドー・コバヤシさん、さま~ずの三村マサカズさん、大竹一樹さん、などが愛用されたことが知られています。

 

1  アクアタイマー・クロノグラフ・クストー・ダイバーズ「IW87823」

IW87823」は、2008年発売の「アクアタイマー」。フランス人海洋学者「ジャック・イヴ・クストー」(1910-97)へのオマージュとして作られたモデルで、2,500本の限定になります。主な特徴は、クロノグラフ(ストップウォッチ機能)の搭載と、リューズで操作するインナー回転式ベゼル、そして裏蓋に描かれた「海洋調査船カリプソ号」。「カリプソ号」は、「クストー」が船長として40年以上に渡って7つの海を航海した伝説の船であり、「クストー」は潜水用呼吸装置スクーバの発明者にして深海調査のカリスマでした。ムーブメントはパワーリザーブ44時間の「キャリバー79320」。ETA7750をベースとしたムーブメントで着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプになります。防水性能は120m。
市場価格は中古で40万円台から。クロノグラフを搭載していますが、少し古いモデルで高性能自社ムーブメントではないため、手頃な値段となっています。潜水調査のカリスマ「クストー」をオマージュした話題性が魅力のダイバーズウォッチです。

2  アクアタイマー・オートマチック・2000「IW356805」

IW356805」は、2009年発売の「アクアタイマー」。現在は生産終了となった少し古いモデルになります。主な特徴は、2,000m防水というIWC最強の堅牢性と、風防の外に出た通常型ベゼル。IWCのダイバーズウォッチは、リューズで回転式ベゼルを調整するインナーベゼル方式を基本としますが、こちらのモデルは直接手動で操作する通常型ベゼルを採用しています。ムーブメントはパワーリザーブ42時間のキャリバー30110。ETA2892をベースとしたムーブメントになります。
市場価格は40万円台から。少し古いモデルで、クロノグラフも高性能自社ムーブメントも搭載していないため、かなりお手頃な価格となっています。2,000mもの凄まじい防水性能は、一般人が利用することはまずありません。ですが初対面の方と「いいと時計されていますね。」と時計が話題となった時、コミュニケーションのツールとして活用することはできそうです。高級ブランドプラスアルファの話題性を求める方にオススメです。

3  アクアタイマー・ディープⅡ「IW354703」

IW354703」は、2011年発売の「アクアタイマー」。珍しい機能を備えたダイバーズウォッチになります。主な特徴は、ダイビング中の水深が分かる「機械式水深計」の搭載と、手動で操作できる通常型ベゼル。内部の圧力変換器により文字盤上に水深を表示させることができ、青い針が現在の水深を、赤い針が最大水深を表示する仕組みになっています。しかし肝心な防水性能は120mと少し控えめ。ケースサイズ46mmのデカアツ時計となっています。ムーブメントはこちらもパワーリザーブ42時間の「キャリバー30110」(自動巻き)。
税込正規価格は1,826,000円で、市場価格は中古で100万円台から。「機械式水深計」というのは珍しいです。こちらも実際のダイビングでの使用よりも、社交場での話題性に利用価値を見いだすことができそうです。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク