IWCパイロットウォッチのススメ!生産終了の安くなった旧作を狙え!

IWCは、1868年にアメリカ生まれの時計職人「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」が、スイスのシャフハウゼンに設立したスイスの時計メーカー。

もともとは「インターナショナル・ウォッチ・カンパニー」という名前でしたが、この頭文字を並べた「IWC(アイダブリュシー)」が現在のブランド名となっています。

創業以来、時計本来の価値を守り抜く、実質剛健な時計作りを特徴とし、アメリカの機械自動化とスイスの伝統技術の融合により、高品質な時計を効率的に生産する体制を他社に先駆けて確立すると、20世紀初頭にはスイスを代表する時計会社へと成長しました。

そして20世紀には、現在にも繋がる名作を次々に生み出します。

1936年「パイロットウォッチ」
39年「ポルトギーゼ」
55年「インヂュニア」
67年「アクアタイマー」
70年「ダヴィンチ」
84年「ポートフィノ」

これらが、現在のIWCの主なラインとなっています。

今回は、最も歴史のある「パイロットウォッチ」の生産終了モデルから、安くて注目度の高いモデルを3つご紹介します。

スポンサードリンク

 

パイロットウォッチとは

パイロットウォッチ」とは、飛行機の操縦者用向けのプロフェッショナル仕様の時計のこと。高い視認性や異なる2都市時刻の表示機能(GMT機能)などが代表的な特徴になります。IWCにおいては、1936年に英国軍向けに開発した「パイロットウォッチ(マーク9)」が始まりになります。他のモデルとの差別化を図るために、文字盤に三角形のマークを用いたことが「マークシリーズ」の始まりとされており、英国軍の軍用時計であることを表しました。「マーク」がつけられるのは、48年の「マーク11」からであり、「マーク1」などは他の軍用機器に使われていたそうです。その後長い間動きはありませんでしたが、94年に一般向けに「マーク12」を発売すると、99年「マーク15(縁起が悪いため13,14はなし)」、2006年「マーク16」、12年「マーク17」、16年には「マーク18」と、相次いで新作をリリースしました。
この「マークシリーズ」の特徴は、シンプルでクラシカルなデザイン、高い視認性と精度、そして軟鉄性インナーケースによる高い耐磁性。お手頃な価格も特徴です。実質剛健な作りでコストパフォーマンスが高く、市場価格は新作で40万円台から、過去モデルで30万円台から、となっています。
IWCパイロットウォッチは、有名人にも人気があります。海外では、プーチン大統領、俳優オーランド・ブルームさん、ジェイソン・ステイサムさん、国内では、麒麟の川島明さん、徳井義実さん、な野口健さん、どが愛用されたことが知られています。

 

1 パイロットウォッチ・マーク15「IW325307」

マーク15」は、1999年に登場した「パイロットウォッチ」。現在は生産終了となっているモデルになります。「マーク15」の特徴は、38mmと小型のケースとスクウェアカットの特徴的な短針。「マーク16 」ではケースは39mmとなり、針も通常のタイプに戻ります。ムーブメントはパワーリザーブ42時間のキャリバー37524(ETA社ベース)。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」タイプになります。
市場価格は40万円台から。過去モデルのため、現行モデルよりも安く購入することが可能です。

2 パイロットウォッチ・マーク16・スピットファイア「IW325505」

スピットファイア」とは、第二次大戦で活躍した英国スーパーマリン社製戦闘機「スピットファイア」にインスパイアされたシリーズ。2003年に「パイロットウォッチ」に加わったミリタリーウォッチになります。「マーク16」は、2006年に登場したモデルで、現在は生産終了となっている過去モデル(最新型は「マーク18」)。主な特徴は、プロペラを模した針とスリムな設計、そしてシルバーで統一された引き締まったモダンな雰囲気。ケースサイズは39mmで、パワーリザーブ40時間の「自動巻き」になります(ETAムーブメント)。
IW325505」の市場価格は30万円台から。生産終了モデルということもあり、お手頃価格となっています。ミリタリーウォッチではありますが、高級感と知的な雰囲気に満ちた時計です。ビジネスの場で嫌みにならない高級時計を探しておられる方にもオススメです。

3 パイロットウォッチ・マーク12「IW324102」

マーク12」は、1994年に「1948年のマーク11」以来46年ぶりに登場した「パイロットウォッチ」の「マークシリーズ」の続編。現在は生産終了となっています。「マーク12」の特徴は、ジャガー・ルクルト社製のキャリバーと36mmの小型のケース、そして軟鉄性インナーケースによる高い耐磁性。「マークシリーズ」は、13,14がなく次の型が99年の「マーク15」になりますが、「マーク15」からはETA社製のキャリバーとなります。そのため貴重なモデルとして、現在でも時計愛好家から根強い人気を誇っています。
こちらは過去モデルにも関わらず、市場価格は50万円台から。時計マニア、上級者向けの時計になります。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク