IWCポートフィノの旧作が超安い!10万円台から購入可能な高級時計のススメ!

IWC(アイダブリュシー)は、アメリカ生まれの時計職人「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」によって、1868年にスイス・シャフハウゼンに設立された時計メーカー。

アメリカの機械自動化とスイスの伝統技術の融合により、高品質時計の量産体制を築き、スイスを代表する時計会社になりました。

1930年代に本格的に腕時計の生産を始めると、数々の名作を世に残します。

1936年「パイロットウォッチ」
1939年「ポルトギーゼ」
1955年「インジュニア」
1967年「アクアタイマー」
1969年「ダ・ヴィンチ」
1984年「ポートフィノ

1984年に誕生した「ポートフィノ」は、地中海のゆったりとしたライフスタイルを体現したモデルで、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインを特徴とします。

この「ポートフィノ」の生産終了となった旧作から、10~20万円台で購入可能なコスパの高いモデルをご紹介します。

スポンサードリンク

 

ポートフィノとは

ポートフィノ」とは、リグリア海に面するイタリア北西部の漁村のこと。風光明媚な高級リゾート地で、東京ディズニーシーの「メディテレーニアンハーバー」のモデルとしても知られています。「ポートフィノ」は、この地中海のゆったりとしながらも気品あるライフスタイルを体現したシリーズとして、1984年に誕生しました。
主な特徴は、ローマ・インデックスをあしらったクラシカルでシンプルなデザインと安い価格設定、そして製造時期による多様なサイズ。アラビア・インデックスを特徴とする定番「パイロットウォッチ」「ポルトギーゼ」とは異なる魅力を持ち、そのお手頃価格からIWCのエントリー(入門)モデルとも言われています。登場以来何度かモデルチェンジが行われましたが、ベースとなるデザインは変わることなく現在へと承継されています。その無駄を削ぎ落としたシンプルかつ洗練されたデザインゆえに、特にスーツ・スタイルとの相性がよく、フォーマルでの人気が高いのも特徴です。
「ポートフィノ」は有名人の愛用者もいらっしゃいます。中井貴一さん、椎名桔平さん、木村拓也さん(ドラマ:アイホーム)、などが愛用されたことが知られています。

 

1  ポートフィノ「IW3513」(自動巻き)

IW3513」は、1980年代後半に製造された「ポートフィノ」。現在生産終了となったモデルになります。主な特徴は、シルバーのバー・インデックスと3針デイト(日付表示)のシンプルな構造とデザイン、そして「自動巻き」ムーブメント。着用しているだけで自動的にゼンマイを巻き上げるタイプになります。ケース径は小型の34mm。
市場価格は10万円台前半から。クロノグラフ(ストップウォッチ機能)やパーペチュアルカレンダーなどの複雑機構を搭載しないシンプルな構造で、高性能自社ムーブメントでもないため、かなり安い価格となっています。新作であれば、「ポートフィノ」の最も安いモデルは30~40万円台から。「ポートフィノ」旧作ならではの価格です。

 

2  ポートフィノ「IW3341」(クォーツ)

IW3341」も、1980年代に製造された「ポートフィノ」。こちらは電池式の「クォーツ」ムーブメント・タイプで、デイト(日付表示)機能すらない、更にシンプルなモデルになります。ケース径は小型の34mm。
市場価格はこちらも10万円台前半から。安くてもIWC特有の品格は健在です。とにかく安くIWCの時計を手に入れたい方にオススメです。

 

3  ポートフィノ「IW2010」(手巻き式)

IW2010」は、1993年から2005年まで製造された「ポートフィノ」。こちらは手動でゼンマイを巻き上げる「手巻き式」タイプになります。ムーブメントはIWCの自社ムーブメント「キャリバーH/849」を搭載。こちらも、デイト機能もないシンプルな構造とデザインが特徴です。ケース径は32mm。
市場価格は20万円台から。こちらは上のモデルよりも新しく、自社ムーブメントを搭載しているためやや高くなっています。無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインのため、スーツとの相性は抜群です。知性と品格を求める若いビジネスマンにオススメです。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク