アルマーニは複数のラインを展開していますが、時計に関してはほぼエンポリオ・アルマーニのみとなります。
 
エンポリオ・アルマーニのロゴがあしらわれた独特のデザインの時計ですが、驚くような価格ではないのも特徴です。
 
なぜハイブランド「アルマーニ」の時計は安いのでしょうか?
 
時計はいろんな要素が複合的に組み合わさって価格が決まりますが、特に高額な時計にはかなり高度な技術が必須なようです。
 
 
スポンサードリンク
 
 
今回はまず「アルマーニの時計が意外と安い理由」についてアルマーニの戦略や時計の特徴も踏まえて探ってみたいと思います。
 
そしてその上で動画も使って、個別の時計の特徴をじっくり見てみたいと思います。
 
 

アルマーニの時計が意外と安い理由

 

安い理由① そもそもアルマーニは時計を作っていない 時計自体で差別化できない

 
時計メーカーには自社一環生産体制の「マニファクチュール」とムーブメントや部品を外注して時計を組み立てる「エタブリスール」の2種類が存在します。
 
時計業界では自社一環生産体制の「マニファクチュール」を構築することは非常に難しいとされており、パテック・フィリップ、ロレックス、セイコーなど一部の限られたメーカーしか実現できていません。
 
つまりこの時計業界は外注活用が常態化している業界だといえます。
 
 
 
 
アルマーニの場合、現在アパレル以外にもリゾートやレストランなど多くの分野に多角化してますが、そもそも時計の製造技術は持っていません
 
時計の製造技術とバッグやスーツの製造技術は全く別物です。
 
 
 
時計のデザインだけをアルマーニが行い、時計自体はフォッシルという会社が作っています。
 
要するにアルマーニは時計の製造を丸ごと外注し、時計本体の製造には直接関わっていないということになります。
 
 
 
アルマーニに限らず、ポールスミスやグッチ、バーバリーといったアパレルが中心のブランドでは大体同じような構図になっているようです。
 
アパレルの名門と時計の名門は一致しない、ということですね。
 
 
 
 
自社で時計を作っていないため、アルマーニは時計の性能自体で高付加価値化、差別化を図る事は基本的にできません。
 
そこでデザインとブランド力で差別化を図るという戦略をとっています
 
 
 
性能がイマイチとの批判の声もありますが、その存在感のある独特のデザインとブランドステータスに魅了さる人も多く、非常に高い人気を誇っています。
 
時計の製造技術を持たずに行う腕時計のマーケティングとしては、ポールスミスなどと同様かなり成功している部類になるのではないかと思います。
 
 
こちらもオススメです。
 
 
 

安い理由② 時計の製造はフォッシル社 中国製とスイス製の存在

 
アルマーニの時計本体を作っているフォッシルはOEMで他のブランドの時計も作っており、ディーゼルやD&G、バーバリーなど多くのアパレルメーカーの時計も作っています。
 
 
このフォッシルという会社はアメリカのメーカーになりますが、工場は中国とスイスにも持っています。
 
そして同じフォッシル社が製造した時計でも、製造した国によって性能と価格が大きく異なるのが特徴のようです。
 
何よりスイス製は一定の要件を満たすことにより「SWISS MADE」のお墨付きがもらえます。
 
 
 
 
アルマーニのホームページによると
 
スイス製以外(中国製になると思います)の正規価格は3〜6万円ほど。
 
「SWISS MADE」の記載のあるスイス製になると13〜27万円ほど。
 
値段が大きく異なります。
 
つまり安い理由の1つは性能のお墨付きのない中国製だから、ということになるようです。
 
 
 
スイス製は時計職人による手間ひまかけた手作業を重視しているため、人件費がかさみ価格が高くなるそうです。
 
高品質、高価格が「スイスメイド」の特徴です。
 
 
 ●アルマーニ スイスメイド
 
ただ、現在のルールでは製造コストに当たる部分の6割がスイスで行われていれば「スイスメイド」の表記が可能であるため、全てがスイスで製造されている必要はありません。
 
文字盤やサファイアガラスなどが実は中国製といったことも珍しくはありません。
 
このルールも覚えておきましょう。
 
 
特に近年「スイスメイド」の要件をギリギリで満たし、安い外国製部品を最大限活用することによりコストダウンを図るメーカーも出てきているようです。
 
このような半分アジアの「スイスメイド」には注意が必要ですね。
 
 

安い理由③ 低スペック設計でコストダウン

 
もう一つアルマーニの時計が安い理由に、高いスペックを使っていないことが挙げられます。
 
 
例えば腕時計の前面を覆うガラスのことを風防(ふうぼう)といますが、アルマーニの時計の多くはこの風防にミネラルガラスという比較的安い素材を使っています。
 
 
同じくアパレル系の時計として知られるグッチは、風防に硬くて高価なサファイアガラスを使うことが多いようです。
 
 
こういったスペックに高いものを使わないことによって、価格を抑えているところもあるようです。
 
 

デザインとブランド力で差別化

 
このようにしてハイブランドとしては意外に安い時計が出来上がります。
 
 
品質や性能をあえて落としてコストダウンを図り、デザインで差別化を図っている、ということになりますね。
 
 
性能だけで見ればもっと安い時計もありますが、そこはブランド価値が上乗せされていると捉えておきましょう。
 
 
ただ、近年は「SWISS MADE」のラインナップを充実させることにより、時計自体のの高付加価値化にも力を入れているようです。
スポンサードリンク

 

 

アルマーニの時計を動画でじっくり見てみよう

 
 
ここからはYouTubeでのエンポリオアルマーニの時計の動画をお楽しみ下さい。
 
いずれも中国製になると思われます。
 
他のサイトで調べたところ正規価格は大体3〜5万円台
 
いずれの時計も日本語のアルマーニのHPでは取り扱っていない商品になります。
 
あくまで雰囲気をお伝えするための動画ですのでムリに最後まで見なくてもいいですからね。
 
時間のある時にゆっくりどうぞ。
 
 
 
↓エンポリオアルマーニの腕時計を堪能してみる
①Emporio Armani AR2448  
投稿者:Watches Tissotさん  海外の方です。(1分37秒)
腕時計:④Emporio Armani AR2448 
こちらはAR2448というモデルのクロノグラフになります。アルマーニの時計の中でも特に人気の高いモデルで、正規価格は50000円前後になるようです。「SWISS MADE」の記載がないため中国製になると思われます。クロノグラフというのは簡単に言うとストップウォッチの機能になります。この価格帯の時計で言うと、クロノグラフの機能がつくことにより、1万円強高くなるといった感じになりますでしょうか。
ムーブメントはクォーツで風防はミネラルガラス、5気圧防水。
 
 
 
 
 
 
 
②Emporio Armani AR0365 Classic 
投稿者:Маркови часовници Adexさん 海外の方です。(2分45秒)
腕時計:⑤Emporio Armani AR0365 Classic Chronograph Rose Gold
AR0365というモデルのクロノグラフ。こちらもスイス製ではなく、正規価格は50000円前後のようです。時計の美しさに思わずため息が漏れましたε-(´∀`; )アルマーニの時計に魅せられた人は欲しくてたまらなくなるそうですが、その気持ちわかります。僕も何度も見てしまいました。
ムーブメントはクォーツで風防はミネラルガラス、5気圧防水。
 
 
 
 
 
 
 
③Emporio Armani Watch AR1789
投稿者:Creative Watch Coさん 海外の方です。(約1分)
腕時計: ⑥Emporio Armani Watch AR1789
こちらはAR1789というモデル。スイス製ではなく正規価格は37000円ほどのようです。5気圧防水というのはいわゆる日常生活強化防水。雨がかかっても壊れる事は無い、といったレベルなります。ダイバーズウォッチは20気圧防水から。この時計で泳ぐと防水パッキンの劣化により、ごくまれに内部が曇ることがあるそうです。水でのレジャーはやめておきましょう。5気圧防水というのもあえてスペックを落としていると言えるかもしれませんね。
ムーブメントはクォーツで風防はミネラルガラス、5気圧防水。
 
 
 
スポンサードリンク

 

 

まとめ

 
時計の製造技術とアパレルの製造技術は全く別物です。
 
 
アルマーニの時計は時計の製造技術を持たないアルマーニが、外注を活用して性能とスペックを落とすことによりコストダウンを図った、デザイン重視の時計です。
 
 
デザインやブランド力で差別化を図ることを目的としており、そもそも性能やスペックでは高付加価値かを図るつもりのない時計です。
 
 
だからこそ性能についてはとりあえず目をつむって、「純粋にファッションとして時計を楽しむ」と頭を切り替えた方がいいのかもしれませんね。
 
 
特にアルマーニの場合、そのお手頃価格から、実用的な時計とは切り離して、あくまでファッションを楽しむ時計として割り切り安いところも魅力の1つだと思います。
 
 
フォーマルではちょっと使いづらい、攻めたデザインや配色のチョイスもありかなと、個人的には考えています。
 
 
 
 
ご自身に合った時計を探してみてください。
 
 
 
 
スポンサードリンク