誕生日プレゼントにオススメなポール・スミスのメンズウォッチ5選!

「ポール・スミス」は、1970年にポール・スミス(1946年生まれ)によって設立されたイギリスのファッションブランド。

特に若い世代に絶大な人気を誇るブランドになります。

ポール・スミスのデザインコンセプトは「捻りあるクラシック」。

古きよき英国の伝統に、色鮮やかなマルチストライプや花柄などの独自のアレンジを加え、英国の伝統ファッションにモダンな新たな価値を生み出し世界中に発信しました。

この世界中に英国クラシックの良さを再認識させた功績が評価され、彼は2000年、ナイトに叙勲されます。

ポール・スミスの人気商品の一つがメンズウォッチになりますが、手頃な値段と「捻りあるクラシック」を感じやいデザインが特徴です。

あくまでデザイン性に重きを置いたファッションウォッチなりますので、実用時計とは分けて選んでみることをオススメします。

このポール・スミスの時計から、誕生日プレゼントにオススメなメンズ時計を5つご紹介します。

スポンサードリンク

 

1  ポール・スミス エムエー

エムエー(MA)」シリーズの特徴は、薄型のケースとバーインデックス。12時、3時、6時、9時にポール・スミスを象徴するマルチストライプを配色することで、シンプルなデザインながらも一発でポール・スミスと分かる時計となっています。ポール・スミスの特徴は、一見斬新に見えても決して「捻り」過ぎないこと。「遊び」は最小限に留めているため、視認性もたかくコーディネートにも困らないデザインとなっています。この辺りの絶妙なバランスが多くのファンに指示されています。「P10058」(文字盤青)の市場価格は2万5千円台から。文字盤は白が「P10054」。黒が「P10055」。メッシュベルトも新鮮で、人気の高いシリーズとなっています。ポール・スミスらしさを主張しながらも、コーディネートに困らない時計としてオススメです。

 

2  ポール・スミス ウエストミンスター

ウエストミンスター」は、ロンドン・ウエストミンスター寺院の時計台「ビッグ・ベン」をイメージした時計。時計台のシルエットを意識したスクエアケースと、上品でモダンなデザインが特徴のメンズウォッチになります。四角いレール切分に丸い小秒針が交差するユニークなデザインとなっており、12時にもポール・スミスらしい配色。更に裏蓋にはウエストミンスター寺院を中心とするロンドン市内のマップが刻印され、「英国の伝統と遊び」を楽しめる時計となっています。ポール・スミスのデザインコンセプトは「捻りあるクラシック」。中でもこちらの「BZ2-214-10」は、英国の伝統をより強調したデザインと言えます。税込正規価格は36,300円になりますが、市場価格の方が高い場合はポール・スミスのHP から購入してみてください。コンセプト通り「英国クラシックと捻り」を楽しめる時計としてオススメです。


ロンドン「ウエストミンスター寺院 ビッグ・ベン」

 

3  ポール・スミス ダイヤル 

ダイヤル」は、ポール・スミスが毎年発表しているガジェットコレクションの一つ。古いダイヤル式電話からインスピレーションを受けた、ユニークな時計になります。このシリーズのデザインも「捻りあるクラシック」。古い電話に独自の捻りを加え、ケースバックにはポール・スミスが手書きの電話を描いており、遊び心が満載になっています。このシリーズは、ポール・スミスを象徴するアーティストストライプカラーを文字盤に施していますが、デザインコンセプトを考えるのであれば、よりレトロなダイヤル式電話感のある「ブラック(BT2-947-51)」を選んでみるのも面白いと思います。

 

4  ポール・スミス クローズドアイズ

クローズドアイズ」は、ポール・スミスの遊び心が加えられた3針デイト(日付け表示のみ)シリーズ。1940~50年代の時計をイメージしたクッションケースを採用し、文字盤とケースバックには英国の伝統的なチェックパターンの一つ「ウィンドウペンチェック(単色線による格子柄)」があしらわれ、英国のクラシックを感じられるデザインとなっています。更にポール・スミスには珍しくソーラー発電を搭載しており、電池交換不要となっています。「KH2-812-71」の税込正規価格は40,700円。コンセプト通りの「英国クラシック」を楽しみつつ、ソーラー発電により長く使ってもらうこともできるため、プレゼントとしてはかなりオススメです。

 

5  ポール・スミス プレシジョン クロノグラフ

プレシジョン」はモーターレースのドライバーを意識したシリーズ。クロノグラフ(ストップウォッチ機能)を搭載していますが、インダイヤルがスピードメーターのような印象を与え、スポーティなデザインとなっています。実はポール・スミスさんは少年時代自転車競技のレーサーを目指していました。しかし不慮の事故により挫折。17歳にしてファッションの世界へ入ります。そんな経緯もあって、彼のデザインには自転車やレースに関するものが多いのが特徴です。モーターレースをモチーフにしたこちらの「P10018」もポール・スミスらしいデザインと言えそうです。市場価格は3万円台前半から。モータースポーツを意識しているため、男らしさを求める方にオススメです。
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク