ロレックス最上位のデイデイト!プラチナ×ダイヤモンドの夢の時計を見てみよう!

ロレックスと言えば世界を代表する高級時計メーカー。

ロレックスでは多くのラインを展開していますが、中でも最も贅沢で高額なシリーズが「デイデイト」になります。

一般に時計用語で「デイデイト」とは、日付けと曜日の両方を表示する機能を指しますが、午前0時に一瞬で日付が変わる「デイトジャスト機能」は、1945年にロレックスが発明した技術になります。

今回はこのロレックス「デイデイト」の時計を3つご紹介します。

スポンサードリンク

 

デイデイトとは

デイデイト」は、1956年に誕生した日付と曜日表示機能を持つロレックスの最上位ライン。敢えて曜日表示機能を「デイデイト」のみに搭載することでプレミア感を演出し、素材はプラチナとゴールドに絞って差別化を図った、究極のコレクションになります。アメリカ第34代アイゼンハワー大統領に贈られて以降、歴代大統領に愛用され、「大統領の時計」というイメージを定着させました。高級ブランド・ロレックスの中でも、特別なステータスを持つ「成功者の時計」の地位を確立しています。
代表的な特徴は、非常に高い価格設定と12時位置の曜日表示、そしてプラチナ、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド、の4つの厳選された金属のみの使用。従来ケースサイズは36mmのみとしていましたが、2008年には41mmの「デイデイトⅡ」、2016年には40mmの「デイデイト40」を発売しています。

 

1  デイデイト36「Ref.118205」

Ref.118205」は、2001年発売の「デイデイト36」(ケースサイズ36mm)。ムーブメントはパワーリザーブ48時間のCal.3155(自動巻き)。12時位置に曜日、3時位置に日付が表示され、0時調度に一瞬で変わるデイトジャスト機能(ロレックス三大発明の一つ)を搭載しています。ケースとブレスの素材はエバーローズゴールド。市場価格は200万円台半ば程。

2  デイデイト40「Ref.228206」

Ref.228206」は、2016年に登場したケースサイズ40mmの「デイデイト40」(ケースサイズ40mm)。ムーブメントはパワーリザーブ70時間のCal.3255。素材はプラチナで、カラーはプラチナデイデイトとデイトナにしか使用されない特別色アイスブルー。ブレスレットはデイデイトのみに使用されるプレジデントブレス。デイトジャスト機能を搭載しているため、0時ジャストに日付が変わります。市場価格は600万円台から。

3  デイデイトⅡ「Ref.218206A」

Ref.218206A」は、2009年発売の「デイデイトⅡ」(ケースサイズ41mm)。ムーブメントはパワーリザーブ48時間のCal.3156。ケースとブレスはプラチナ。サンレイ加工が施されたアイスブルーダイヤルに、インデックスにはダイヤモンドを使用。ロレックス最上位「デイデイト」シリーズの中でも、「プラチナ×ダイヤモンド」は更に最上位に位置します。デイデイトⅡの製造期間は2008~2015年までのため現在は生産終了。市場価格は500万円台から。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク